Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀県に「日本の総理大臣を暗殺した殺人犯を讃える石碑」が立てられる?! (安重根の伊藤博文暗殺が実は日韓併合を加速させた件)

Posted by 優兎 on 29.2011 日本史の真実
Tag :気になるニュース 本当の歴史
東北・関東の震災が発生した日と同じ3月11日、次のようなニュースが発表されました。

安重根の碑建設、佐賀県で25日に除幕式 
http://bit.ly/f0AHCE 【ソウル11日聯合ニュース】

 初代韓国統監だった伊藤博文を暗殺した独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の志や平和への思いをたたえようと、日本人が製作した碑石が佐賀県に建立される。日本人が安重根の記念碑を建てるのは初めてという。
 韓国の市民団体「安重根平和財団青年アカデミー」は11日、福岡県と佐賀県の住民らが安重根の殉国101年を迎え、佐賀県にあるお寺の入り口に25日、「安重根東洋平和記念碑」を設けると明らかにした。日本人が安重根の記念碑を建てるのは初めてという。
......後略


このニュースは大手マスコミではまったく取り上げられることはありませんでしたが、あたかも伊藤が悪者で彼を暗殺した安が英雄でもあるかのような意味を持たせる行為を日本人が進んでするというのは、本当はあってはならないことです。

というのは、安重根という人物は、韓国では日本の侵略を食い止めんとして「植民地支配の主導者」であった伊藤を見事にやっつけた英雄なのですが、歴史的事実は、「日韓併合に消極的だった伊藤をテロ行為によって殺害し、日韓併合実現に一役買った人物」だからです。


日韓併合に消極的だった伊藤博文
伊藤が日韓併合に消極的であった事実とその理由は、次の記事に詳しく書かれています。

コリア人が待望していた「日韓併合」/日韓裏面史 http://bit.ly/faX8qf

 明治43(1910)年8月22日、「韓国併合についての日韓条約」が調印され、大韓帝国は大日本帝国に併合されました。いわゆる「日韓併合」(日鮮合邦)です。
 まず、皆さんに第一に知って頂きたい事は、当時の大韓帝国が、企業で言えば「倒産寸前」だったと言う事です。何しろ、国土は荒廃し、慢性的な食糧不足に陥り、政治は腐敗の極に達しており、いつ国家が倒産してもおかしくはなかったのです。そんな実情を見て、日本は日清戦争後、韓国との間に協約を締結し、「保護国」として再建させようとしたのです。
 この保護国化をコリア人は、「日本は最初から韓国を植民地化する肚(はら)だった」等と主張しますが、それは違います。初代韓国統監となった伊藤博文や井上馨等はそもそも「日韓併合」には消極的でした。考えてみて下さい。健全な体力を持っている企業が、明日倒産するかも知れない企業をそう簡単に吸収合併するでしょうか? あの大国・西ドイツでさえ「東西ドイツ統一」後、旧東ドイツ地域の再建復興に四苦八苦したのですから。現在の韓国と当時の韓国とを同じ目で見てはいけないのです。
 現在の韓国の様にある程度の国力を備えていたなら、日本にとっても非常に「魅力的」だったかも知れません。しかし、当時の韓国は倒産寸前。日本が「日韓併合」に踏み切ると言う事は、取りも直さず相当なリスクを抱え込むと言う事だったのです。


この記事は韓国人が書いた資料を元に書かれています。決して右翼や過激派の妄言ではありません。

さらに、伊藤が日韓併合に消極的であったことを示す文書も昨年発見されました。

韓国併合 伊藤博文のメモ見つかる  2010年8月22日    
NHKニュース http://bit.ly/b8eyOX

 日本による韓国併合から、22日で100年です。初代の韓国統監を務めた伊藤博文が併合前に記した自筆のメモが、福岡市内で見つかり、専門家は、伊藤博文が併合に否定的だったことを裏付ける新たな史料として注目しています。  
  メモは2点あり、交渉の様子などを記した前間氏の手記とともに、先日、遺族が九州大学に寄贈しました。このうちの1つのメモには、「韓国の富強の実を認むるに至る迄」という記述があります。  
  これについて、伊藤博文研究の第一人者の、京都大学の伊藤之雄教授は、「この時点で、伊藤博文は、韓国を保護国とするのは韓国の国力がつくまでで、併合という考えには否定的だったことを裏付ける新たな史料だ」と注目しています。

(こちらはNHKのニュースからですが、このような重大な発見なのですから、今回のような「あってはいけないこと」が起こらないようにするためにも、NHKももっと大きく報道すべきだったと思います。)


伊藤暗殺の理由
では、なぜ安は併合に消極的だった伊藤を暗殺したのでしょうか?
次の記事では、安は伊藤についてとんでもない勘違いをしていたことが述べられています。

世界で一番間抜けな朝鮮人テロリスト安重根 http://bit.ly/dbByPO

 「日韓二千年史」名越二荒之助編著 明成社より http://amzn.to/dOaXI6

 裁判所(旅順の関東州都府督裁判所)では検察官・清渕孝雄の訊問に対して「伊藤博文公を敵視するようになったか」と問われて一五項目のオバカな理由を挙げています。

①一〇年ほど前に、伊藤さんが指揮して大韓帝国王妃を殺害した。
 (十四年前の明治二八年の閔妃殺害事件のことを言っている。当時、公使であった三浦悟楼以下多くの日本人が処罰されました。もちろん、朝鮮人もです。この時には李周會は全責任を負い、「自分が閔妃を殺害した」と供述し、他の二人(伊錫禹、朴鉄)とともに処刑された。しかし、伊藤博文及び我国政府の直接関与したという資料は無い)

②五年前に伊藤さんは、大韓帝国に不利な三ヶ条を締結させた。
 実際にはロシアとの講和条約であるポーツマス条約の「日本は朝鮮を指導、保護、監督する権利を有する」という条項に基づいて結ばれた四年前(一九〇五年)の日韓保護条約の事。
 朝鮮は一八九五年に日清戦争により結ばれた下関条約にて初めて「大韓帝国」としての独立を果たすことが出来ました。しかし、その後も朝鮮は事大主義を捨てきれず、ロシアに擦り寄り高宗はロシア大使館に逃げ込み(俄館播遷 一八九五~一八九六年)、そこで政務を行いました。
 明治三七年(一九〇四年)よりの日露戦争に勝利した日本は特命全権大使として伊藤博文が朝鮮に派遣し、日韓保護条約が結ばれます。
 しかし、当時としては東洋の治安と朝鮮の保全のために、この保護条約はやむを得ぬものであったのです。

③三年前に伊藤さんは一二ヶ条条約の締結で我国を不利にした。
 二年前に結ばれた七ヶ条の第三次日韓協約の事と思われるが、これは高宗が保護条約を無視し、明治四〇年六月、オランダのハーグにて開かれた万国平和会議に三名の密使を送り、日韓保護条約の無効を訴えました。
 これに対して、伊藤総監は、高宗に謁見し電報の写しを見せながら「かくの如き陰険な手段を以て日本保護権を拒否せんとするよりは、むしろ日本に対し堂々と宣戦を布告せらるるには捷径なるにしかず」とせまりました。
 つまり、国家間で結んだ条約の意味も知らない高宗と安重根です。
 
④伊藤さんは大韓帝国皇帝の廃立を計った。
 優柔不断、虚言多用、責任転嫁という高宗に対して面罵してまで退陣を最も強く迫ったのは、朝鮮の農商工部大臣である宋秉シュンでした。

⑤伊藤さんは大韓帝国軍隊を解散した。
 解散の詔書を出したのは、高宗より譲位された純宗です。そもそも、軍隊内に両班制度がそのまま生きているような志願制の朝鮮兵八〇〇〇は役に立たず、朝鮮の財政を圧迫するだけでした。そのため徴兵制を他日実施するためにいったん解散をきめました。

⑥決起した義兵たちを、伊藤さんが殺した。
 正規の条約に基づいた朝鮮駐留の日本軍を、自らを「義兵」と称して襲う者に対して自衛権を発動するのは当然のことです。そもそも、「義兵」と称する輩には強盗としか言えない輩が多く、朝鮮民衆、日本人、支那人を襲うために、それを討伐したにすぎない。

⑦伊藤さんは大韓帝国の政治と権利を奪った。
 せっかく独立しても、宮廷内部は紊乱し機能しなくなった事を知っていればこのような恥ずかしい事はいえないでしょう。

⑧良好なる教科書を焼却した。
 安重根にとり良好なる教科書とは「反日的排他的教科書」である。

⑨朝鮮人民に新聞の購読の自由を禁じた。
 同じく反日煽動新聞を取り締まるのは当然。

⑩不良の大韓帝国朝鮮人官吏に食を与え、第一銀行券を発行している。
 李朝の官僚すべてを辞めさせる事などできるはずはない。ましてや、第一銀行券は伊藤総監の来朝以前に発行している。
安重根は国債の意味を理解していない。朝鮮官吏のために、日本でも緊急に国債を発行して支援していた。

⑪国債二三〇〇万円を募り、官吏の間で分配したと聞いた。土地も奪ったと聞いた。
 どちらもいい加減な反日煽動新聞の受け売りでしかありません。

⑫東洋平和と称しながら、大韓帝国皇帝を廃立するなど当初の宣言と異なる。
 大韓帝国皇帝の高宗は、日露戦争中はロシアに通じ、外国人記者を買収し、日本軍の鉄道・電信の破壊を内密に命じました。明確な日本に対しての背信行為であり、当時のイギリス、フランスなど列強による支配国国王に対する処置を知っていればこのような事は言えまい。

⑬大韓帝国保護に名をかりて大韓帝国政府の一部と意見を通じ、大韓帝国にとって不利な施策を行っている。
 大韓帝国内閣に親日派といわれる人が入閣した事を指すものと思われる。

⑭伊藤さんは現天皇(明治天皇)の御父君に当たられるお方(孝明天皇)を殺した。
 考明天皇の崩御は一八六六年一二月二五日で、その頃は、伊藤博文は長州の三田尻にいて、宮中に入れる身分ではありません。

⑮世界各国に対し、「大韓帝国は無事なり」と宣伝し、事実を欺いている。
 世界最貧国で、支那の属国であった朝鮮。李朝末期においては悪政による両班の横暴、賄賂、人身売り買い、盗賊の横行など国ではありませんでした。我国が保護国とすることにより、治安が確立し、朝鮮人の生活は見違えるように改善されました。


「間抜け」とか「おバカ」という、かなり厳しい言葉が使われていますが、伊藤を暗殺していなければ併合までは至らなかったものを勘違いによって暗殺してしまったばっかりに併合が実現したとしたら、そう言われても仕方ないのかもしれません。

この碑を建てたお寺の住職は、おそらく韓国市民団体の働きかけによって嘘の歴史を信じ込まされた「被害者」だと思います。このお寺と同じ宗派の方たちで、伊藤と安にまつわる実際の歴史的経緯を知っている人たちがいたら、「このような碑を立てるのは間違っているから、寺の住職ともあろう者が誤った歴史を広めるようなことをしてはいかん」と諭してあげてください。身内から言われれば、意外とすんなりと目が覚めるかもしれません。


この問題で一番懸念されるのは、このお寺を訪れた人たちに「伊藤=悪者、安=英雄」という誤った意識が植え付けられ、ひいては「日本=絶対的加害者、韓国=絶対的被害者」という認識を刷り込まれるのではないかということです。
この弊害に対処するためには、まず日本の学校教育や報道機関が本当の日本の歴史を正しく伝えるものにならなければいけません。嘘やねつ造ではなく、真実の歴史を伝える教育や報道、これが何よりも大切であることを再認識させる事件だと思います。

それと同時に、今回の「安重根平和財団青年アカデミー」のような韓国の市民団体が日本国内に巧妙に働き掛けて、日本人の歴史観を韓国側に有利な方向へと導こうと画策している実態が、私たちの目にも具体的に明らかになった事件だと思います。
おそらく何年も前から、似たような動きが日本国内で着々と進行しつつあるはずです。私たちもこのような情報工作をのさばらせないよう目を光らせなければいけません。

そして、現実問題として教育界やマスコミが正しく機能していないことを考えると、やはり一般市民の間でも、日本の歴史についての正しい認識が広まるような努力が必要だと思います。


日本人はもっと日本の本当の歴史を知るべき、と思われる方はクリックをお願いします
人気ブログランキングへ 



お時間ある方はぜひこちらの動画もご覧ください。実は日韓併合そのものが、韓国側が主張するような残虐な植民地支配ではなかったということが分かります。 ↓

これでも謝罪しますか?韓国反日記念館の実態




佐賀県に「日本の総理大臣を暗殺した殺人犯を讃える石碑」が立てられる?! (安重根の伊藤博文暗殺が実は日韓併合を加速させた件)http://bit.ly/hGuxQj #kyushu #saga #yamaguchi

スポンサーサイト
  

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。