Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国議員の国後訪問について、在韓日本人の見方:韓国は竹島支配が「戦後のどさくさまぎれの不法支配」であることを自ら認めた/「日本海」の名称問題でロシアを取り込むため(ソフトバンクが提携する韓国企業の正体)

Posted by 優兎 on 28.2011 竹島・対馬・日本海問題
Tag :竹島・日本海名称問題 ソフトバンクの真実
今回の韓国議員の北方領土訪問について、在韓日本人の視点から書かれた記事がありました。

竹島=北方領土? 2011.5.28 産経 http://bit.ly/ka2Aq2

 韓国の国会議員が北方領土の国後島にロシア側から訪れ問題になっている。竹島に対する韓国の領有権を主張する韓国国会の中心議員らで、北方領土に対するロシアの支配を認める行為だから日本に対するいやがらせである。

 韓国政府は日本とロシアの対立については「不介入」の立場だが、国会議員でしかも野党議員とあっては「やめろとはいえない」のだそうな。それにしても日露の領土問題でロシアの肩を持つとは、彼らの行動は相当の反日である。

 ただ在韓日本人の間では「これ、日本にとっては有利に使えないか…」が話題になった。つまり韓国側は自分たちの竹島支配強化のためロシアの北方領土支配を参考にしたいというのだから、竹島問題を北方領土並みに考えているということになる。

 とすると韓国の竹島支配は北方領土と同じく「戦後のどさくさまぎれの不法支配」であることを自ら認めたことになるではないか、というわけだ。

 歴史的に韓国は日本牽制(けんせい)のためロシアを利用したことがままあるが、今回の深読みとしては「日本海」の名称問題でロシアを取り込むためとの見方もできる。これまでロシアは韓国が主張する「東海」は支持せず「日本海のままで構わない」との立場だった。韓国は意外に抜け目ない。(黒田勝弘)


おそらく韓国としては、不法支配ということが分かっていながら、いかに竹島領有権を国内外に認めさせるかということが最大の課題なのだと思います。
そして、日本海名称変更工作活動もその働きの一環だということです。

ついにロシアが韓国の主張に押し切られようとしているのかもしれません。
私たちはこういう事実に対し、もっと危機感を持つ必要があるのではないでしょうか。

すでに世界の地図の30%は日本海/東海併記になってしまったという証言もあります。
このままだと、気が付いたら日本発行以外のほとんどの地図が「東海」に変えられていた、ということも、非現実的ではなくなってきそうです。

参考記事:
『日本海表記はニューヨークタイムズの誤り!』 とニューヨークタイムズ紙に全面広告 
http://bit.ly/jyDrUf
ナショナルジオグラフィック、東海・日本海初めての対等併記
http://bit.ly/mmGuOz

韓国の「世界から日本海を抹殺する運動」のCM




このCMのスポンサーと見られる「KT」は、ソフトバンクがすべてのデータを移管しようとしている韓国企業です。

ソフトバンク、すべてのコンピュータのデータを韓国企業に保管する計画を推進中
韓国KT社とのデータセンター事業における協業とその推進について | ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクユーザーの皆さんは、ソフトバンクが実際はどのような企業なのか、よく考えた方がいいかもしれません。


応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


スポンサーサイト
関連記事
  

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。