Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15歳の外国人にも住民投票権?! 岩手県西和賀町で、事実上の外国人参政権「自治基本条例」が制定されようとしています!

Posted by 優兎 on 10.2011 東北地方
前のエントリーでもお知らせしましたが、西和賀町の自治基本条例の内容があまりにもひどいため再度お知らせさせていただきます。

西和賀町自治基本条例素案
岩手県西和賀町 素案 http://bit.ly/eHbN7U

国内の政治を決める住民投票の権利を外国人に与えるだけでも大問題ですが、その対象を15歳の子供にまで広げています。

現在行われている意見募集の締め切りは3/11ですが、議会での審議までには少なくとも1ヶ月くらいはあると思います。
岩手県内のみなさん(特に西和賀町のみなさん)がこのことに気付いて一人でも多くの方が意見を提出できるよう、また意見募集終了後も保守派の議員の方に相談などできるよう、しばらくの間この情報を、ツイッターやmixiなどで拡散していただけないでしょうか。

議員の紹介 - 西和賀町 http://bit.ly/dFhePl

また、意見募集の対象者は町民に限定されていません。
外国人に住民投票の権利を与えることに反対の方は、ぜひ意見提出をお願い致します。

 ↓ ツイート用
【拡散希望】15歳の外国人にも住民投票権?! 岩手県西和賀町で、事実上の外国人参政権「自治基本条例」が制定されようとしています! 詳細⇒http://bit.ly/hTZpB7 この情報が岩手の方に伝わるよう、拡散にご協力ください。

この条例の問題点
1.町民の範囲が広すぎる
 第3条では、町内に住所を持たない人や外国人(町外の外国人も含まれますよ!)も町民に含まれ、町の政治に関与できることになっている。
 これは日本の国益に反する施策が行われる危険性や、町外の政治勢力(ほとんどの場合革命的・反日的思想を持った団体)の介入を許す危険性がある。

2.外国人や未成年にも住民投票の権利を与えている。
 条文では請求権だが、投票権も当然想定されている。
 外国人や未成年は日本という国のありかた全体を考慮した上での町の政治という大局的視点から町政を考えることができる可能性が低く、「町政に関する重要事項について直接住民の意思を聞くための住民投票制度」において投票権を与えるのは不適切。

意見の例
この条例では町民は町政に参加できることになっていますが、町政に参加できる町民に外国人や町外の住民を含めるべきではなく、町内に住み日本国籍を持つ者に限定すべきです。国益に反する施策が行われる危険性や、町外の政治勢力などが町政に関与できる危険性が高くなるからです。
また住民投票の権利を外国人や未成年に与えるべきではありません。外国人や未成年は日本という国のありかた全体を考慮した上での町の政治という大局的視点から町政を考えることができる可能性が低く、町政に関する重要事項を決める住民投票制度において投票権を与えるのは不適切だからです。
たとえ選挙権ではないとしても、外国人の参加によって日本国民のみで投票した場合と投票結果が変わる可能性があることを考えれば、国民の意思決定に対する重大な干渉であり、国民主権の原則に反することは明らかです。

※こちらの例文を参考にご自由にお考えください。
 問題点は他にもありますが、この2点を強調して議会で廃案にできるよう保守派の町議の方に相談してみてください。
  ↓ より詳しい内容はこちら
 外国人にも住民投票請求権!! 自治基本条例 意見募集 岩手県西和賀町
 http://bit.ly/grbKy8
意見提出方法

件名 まちづくり基本条例に対する意見

電子メール seisaku@town.nishiwaga.lg.jp
FAX 0197-82-3111

住所、氏名、電話番号を明記

3/11〆切

西和賀町HP http://bit.ly/eKAoht
【危ない条例】自治基本条例・住民投票条例の危険性[桜H23/3/1]
2/27に行われた講演会の模様です。
同様な条例が全国展開しているので、対策を講じる際の参考になさってください。



関連記事 
自治基本条例・住民投票条例の最終目的 -「孫子の兵法」に学ぶ-
http://bit.ly/gpscVu
自治基本条例の防ぎ方 http://bit.ly/hhKsqc 
「常設型住民投票条例」への効果的な電凸方法 http://bit.ly/dRbzoU
自治基本条例 意見の提出方法 http://bit.ly/ialt3m

参考
韓国民団の事業 http://bit.ly/dWNDwy
 ↓ 韓国民団の圧力により外国人住民投票権 
その1 静岡・森町(04.8.15) http://bit.ly/fi3ZLg
その2 静岡・静岡市(05.3.30) http://bit.ly/hyY0iD

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

岩手県盛岡市 地域協働推進計画 意見募集! 3/9〆切

Posted by 優兎 on 06.2011 東北地方
岩手県盛岡市で、「地域協働推進計画」の意見を募集しています。3/9締め切りです。

素案 http://bit.ly/gVvTuv

要項 http://bit.ly/dUqpWZ

素案が抽象的なため判断が難しいですが、この計画の内容はこちらとほぼ同じである可能性が高いです。
大阪市協働指針 http://bit.ly/dQzDuY

協働という言葉が使われている時点で要注意です。
魔法の言葉 「協働」 の正体 http://bit.ly/ebK9Ql

この情報が対象地域の皆さんに伝わるよう、拡散のご協力をお願い致します。

対象者は市民に限定されていないので、どなたでも応募できると思います。
この問題に関心をお持ちの方はご協力をお願い致します。

意見提出フォーム http://bit.ly/e2UDrG
ファクス  019-622-6211

氏名、住所、電話番号を記入

意見の例

この計画では協働という名目で市民活動団体が自治体と対等な関係で地方行政に関与できることになります。しかし素人の直接行政参加は選挙で選ばれ損なった一部の政治的野心を持った人々に地方行政への直接介入を許す可能性があり、男女共同参画、多文化共生、人権擁護、平和推進などに代表される政治色のある市民団体にその政治目的達成の口実と手段を与えてしまいます。
また市民団体に対して経済支援をする場合、政治色のある市民団体の構成員など少数の政治活動家を利する一方で大多数の市民に対しては経済的損失をも与えます。

このように素人の直接参加は時間的余裕のないほとんどの一般市民にとって不利な政策が知らない間に実行される可能性が高まり、非常に不平等かつ危険な制度です。
また自治体が法律を逸脱して選挙で選ばれてもいない素人の政治介入を制度化することは憲法の代表民主制の原則にも反します。
この計画は法的にも実質的にも重大な問題があり、政治色のある団体の関与の可能性がある限り中止すべきと考えます。

広く市民からの意見を募集する機会を設けるから不平等ではないと言うかもしれませんが、意見募集をしていることすら市民には十分に伝わっていないのが現実であり、とても公平性を確保しているとは言えません。また計画に否定的な意見が出されたとしても自治体の権限によって少数の人々によって決められた計画を強行するとすれば、どうして不平等ではないと言えるでしょうか。
もし今回も市民の反対の声を汲み取ろうとせず自治体側の主張を押しつけるだけであれば、それはこの計画が一般市民の立場に立って作られたものではなく、むしろ多くの一般市民にとって不平等かつ有害な計画であることの何よりの証明になります。

また市民活動団体には外国人や区域外の住民も含まれると思われますが、外国人や市外の住民に対して自治体の施策に介入を許すというのは、憲法の国民主権、そして住民自治(地方自治はその地域の住民の意思で行われること)の原則に違反します。

まず外国人が自治体と対等な関係で地方政治に関われば、国益に反するような施策が採用される可能性が高まります。従って選挙権を与えるものではないから国民主権に反しないという考えは間違いであり、外国人の行政参加を正当化する理由になりません。
また区域外の住民が介入することは、本来の主権者である住民の意思に反する施策が行われる危険性が高く、許されるものではありません。この計画には外国人や区域外の住民をメンバーとして持つ団体は関われないことを明記すべきです。

いくら必要性を強調しても国益や住民の利益に反する政策実施の危険性がなくなるわけではなく、必要性は計画実施を正当化する理由にはなりません。政治色のある市民団体や外国人が地方政治にかかわる危険性がある限り、この計画は国民の利益、そして地域住民の利益を損なうものとして、中止することを強く求めます。
 以上

↓ できましたら、こちらを参考にツイッターやmixiなどで拡散していただけると助かります。
【拡散希望】岩手県盛岡市 地域協働推進計画 意見募集! 3/9〆切 詳細・意見の例など ⇒http://bit.ly/f91KOd 外国人やプロ市民が地方政治に介入できる恐れがあります。対象地域の方に伝わるよう拡散お願い致します。

      人気ブログランキングへ
  ご協力ありがとうございます

秋田県 県民協働行動指針 意見募集! 2/10まで

Posted by 優兎 on 04.2011 東北地方
秋田県にお住まいの方にお知らせください。

 秋田県では、現在「県民協働行動指針」の意見を募集しています。秋田県に知り合いがいらっしゃる方はお伝えください。
 対象は県民となっていますが、利害関係者として県外の皆さんからも援護の意見送付をお願い致します。

 住所、氏名の記入は自由のようです。

募集要項
http://bit.ly/gYmWxO

素案
http://bit.ly/h6jerI

提出先
電子メール Chiikikatsuryokusouzouka-@pref.akita.lg.jp
FAX    018-860-3873

期日 2/10(木)

この計画の問題点
1.素案「はじめに」のページにあるような、県民などが「協働」して行う「地域づくり」は、言葉を変えれば県政への参加であり、憲法上自治体では定めることが許されていない直接民主制の導入につながる恐れがある。
 また、地域づくりに参加できる「多様な主体」の範囲が広いため、県外の住民や外国人、外国籍企業も県政に参加できるようになる。現実に中国の人民解放軍の兵士が留学生や研修生になり済まして入国していることを考えると、安易に外国人が県政に関与する道を開くことは非常に危険である。



  

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。