Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武力を使わない侵略 日本は最終段階?!】 スイス民間防衛に学ぶ、日本の現状と対策 「平和というのは何もしなくても自然にあるという世界観は変えないといけない」

Posted by 優兎 on 21.2011 自衛隊
Tag :拡散したい動画 気になるニュース
※ リンクを追加しました

[Pick up] スイス民間防衛に学ぶ~日本の現状と対策  
http://www.youtube.com/watch?v=eT1my43BGpU




スイス政府「民間防衛」に学ぶ 
http://nokan2000.nobody.jp/switz/

▼スイス政府 国民保護庁 著「民間防衛」(civil defense)

武力を使わないで他国を侵略する段階を説明しています。

マスコミは乗っ取りがほぼ完了しており機能していません。

クチコミでも身近な人に広めましょう。

日本は今、侵略されつつあります。平和ボケから目覚め、行動を起こしましょう!


第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」

第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」

第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」

第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」

第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」

最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」
 ↑
いまここ?!


民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる [新書] 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562036672/vipimouto-22/ref=nosim/

評価の高いレビューより:

 これは、日本と同じように平和を希求する国として、永世中立を謳っているスイス政府が国民に対して配布している本です。ともに平和を求めるということでは同じ理想を目指しているんですが、日本と違って、スイスは非常にリアリスティックにその平和というものを考えて、どこにも与しないが自国を徹底的に守る兵力は持つべきだと考え強大な武力を背景に平和を守ろうとしています。このあたりは、諸国の良心に期待して、基本的には武力を頼みとしない、頼るべきものは国際世界であるとする日本とは、本当に全然方向が違う方法で平和を勝ち取ろうとしている国です。

 平和を守ると考える日本にとっては、世界のデフォルトは平和であるという世界観があり、平和を勝ち取ると考えるスイスにとっては、世界のデフォルトは弱肉強食だという世界観があるのでしょう。この感覚というか世界観の違いが両国の姿勢によく現れているのがこの本だと思います。

 著書の中で、スイス政府は平和を勝ち取るためには、一糸乱れぬ統制こそが大事であり他国に攻め入られない為のものであるとして、いざという時に国防がスムーズに出来るように全員が軍隊経験を持つべきだとするし、いざ守備をするためには家族の安全がなくては力が出せないだろうと考えシェルターの作成と維持を義務づけます。彼らにとっては、それもまた他国に国民を人質にされないための方策であり、平和への努力の一つです。

 それに引き換えると日本はどうでしょうか。諸外国の圧力や甘言、世論の雰囲気で諸外国に事実上押さえ込まれつつあります。また海外から不平等に扱われても自らの正当性を主張できない状態になっています。これはかな危険な状況です。しかし、それすら理解できていない人の方が圧倒的ではないでしょうか。勿論、今現在注目されている自給率の低さもこういうことの延長線上にあります。

 自分は軍国主義者でもなければ右翼的な考え方もありません。
 どちらかといえば、かなり平和主義者です。

 けれど、その平和を維持する為に、武器を携えることはともかくとして、平和を維持して自分や自分の家族そして子供達の世代の日本人が平和に暮らせるようにするためには、まず平和というのは何もしなくても自然にあるという世界観は変えないといけないし、日本もそろそろもっと真剣に今後の世界の中で平和を維持するためにどういうことをしていかないといけなかを考えるべきではないかなと思います。武器だけでなくても平和を守る為にできることはたくさんあるし、それを意識することがまず先決であると強くこの本を読むと思います。

~~~~~~~~~~

落ち着いて考えると、今の日本は最終段階=大量移民に差し掛かっているといっても過言ではない気がします。

ビザ要件緩和やマルチビザなど、中国人の入国・滞在要件緩和も急激に進んでいるし、入国管理のずさんさも指摘されています。

私も含め、いわゆる「平和ボケ」させられてきた日本人も多いかもしれませんが、高岡蒼輔さんが警鐘を鳴らしてくれた通り、いい加減目覚めなければいけない時に来ているのではないでしょうか。
フジテレビやNHKの腐敗ぶりからもそれははっきりしていると思います。

スイスは民間防衛を国策でやっているようですが、日本では文字通り民間でやらなければいけないのが現状です。

震災の対応でも伝えられている通り、自衛隊の皆さんは命がけで日本のために頑張ってくれていますが、武力を使った戦闘行為に至らずして国を乗っ取るのが今の戦争の特徴であることを考えると、一般の国民が亡国の危機に気がついて、人権侵害救済法や入国緩和政策といった危険な政策の阻止や、マスコミが伝えない重要な事実の拡散など、国防のために必要な事を草の根で実行していかなければいけないと思います。


■リンク(スイス政府「民間防衛」に学ぶより
反日活動から日本を守る
携帯版 反日活動から日本を守る「加治隆介の議」に学ぶ

国民が知らない反日の実態 とても情報量が多いです
韓国は“なぜ”反日か?
 写真やテレビ画像キャプチャも多く、かなり読み応えがあります
中国市場から撤退せよ
 韓国、北朝鮮が中国共産党を中心としていると書かれています
左翼がサヨクにさよく時
 日本の敵国工作員の行動等がわかりやすく書かれてます
プロパガンダ 下のほうにある「独裁者になる方法」が非常に興味深いです
外国人参政権に反対する会・公式サイト
 日本国民なら外国人参政権に反対するべきです
もう黙ってはいられない 2
 人権・差別という言葉を悪用した言論弾圧に反対します
FAR EAST-極東-
 2005年7月26日に発売される嫌韓流というマンガの作者のサイトです
日教組を観察する 日教組先生の実態について色々書いてあります


クリックしていただけると励みになります
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


姉妹ブログ「憂国の夜明け」 最近の記事:
これだけは知っておきたい 「マスコミが報道しない、民主党の真実」
【竹島 最新映像】 押し寄せる観光客と乱立する建物 「韓流にうつつを抜かしている場合だろうか」



スポンサーサイト

災害派遣 自衛隊員の活躍と、その裏での過酷な現状 / 現場の環境改善を / 海自の皆さんにも応援メッセージを送ろう

Posted by 優兎 on 08.2011 自衛隊
Tag :東日本大震災 自衛隊 意見提出
※最近見かけたツイートより
被災地に派遣されている自衛隊員から聞いた話① 皆さんからの応援メッセージfax、辛い任務の中でとても力になってるそうです。食堂の様なところにずらりと貼りだされていたりして、隊員の皆さんがしっかり読んでおられるとのこと。
被災地に派遣されている自衛隊員から聞いた話② 隊員の一割が被災者と言われる中での不明者捜索。発見される小さな御遺体に自分の子供を思う隊員も…報道の通り、精神的な負担もかなり有。しかし、未曾有の大災害にあたり、かつてないほど隊員の「日本の国のため、国民のため」という雰囲気は強いと!

自衛隊員の活躍 1

自衛隊員の活躍 2

自衛隊員の活躍 3
報道されない自衛隊の支援活動報告 http://bit.ly/lNzQOX

東日本大震災の災害派遣にあたっては、自衛隊員の皆さんが献身的な活動を続けていることが伝えられています。

最近の新聞記事から。

物資と「真心」運ぶ海自 2011.5.5 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110505/plc11050508490002-n1.htm
----------
 「水やガソリンは足りていますか。それから歯の診療はどうですか」。こと細かに質問を重ねるのは、海上自衛隊の福本出(いづる)掃海隊群司令である。宮城県北東部の気仙沼大島。東日本大震災によって孤立状態に陥っていた。真っ先に支援の手を差し伸べたのが、群司令の乗る掃海母艦「ぶんご」だった。

 地震から1カ月が経過した4月12日。私は陸前海岸で活動している海上自衛隊を取材するため、掃海母艦「ぶんご」に乗った。翌日、群司令の後について被災地を訪れた。「海上自衛隊さんがいなければ、私らは本当に取り残されていましたよ」。大島の公民館で住民の一人が言った。陸路での支援は不可能、また岸壁もがれきで覆われ、フェリーは横付けできない。こんなときこそ、小さなゴムボートが出せる掃海部隊の出番である。

 取材中、福本群司令は何度も“顔の見える支援”という言葉を繰り返した。「被災地には、できるだけ同じ人間に行かせるようにするんです。訪れるたびに一から説明するのでは、住民に負担がかかりますから。それに顔見知りになれば要望も伝えやすい。私たちはご用聞きなんです」。たらい回しが当たり前の役所の窓口に聞かせてやりたい言葉である。

 この非常事態にあって、群司令のきめ細やかな対応には、ただ頭が下がるばかりだった。物資の補給だけではない。あるときは、大島の小中学校の卒業生たちを金曜日の「カレーの日」に招待した。乗員たちは、群司令の背中を見て学ぶ。調理員長は腕をふるった。女性の隊員たちは「祝・卒業」と書いた胸花を手作りで準備した。甲板上の記念撮影では、艦橋前面の張り出し部分に、これまた「祝・卒業」の手作りパネルがサプライズで掲げられた。卒業生たちの歓声と満面の笑顔。その写真は、帰り際、ミニアルバムとして配られた。ある人は、そのミニアルバムを肌身離さず、いつも持ち歩いていると言っていた。彼らは被災地に、物資だけではない、「真心」も届けているのである。
----------

このような心温まる話題が伝えられる一方で、隊員たちの直面している過酷な現状も報告されています。

「もう限界です。家に帰していただけませんか」 遺体の捜索・収容作業…自衛隊員らを襲う惨事ストレス 産経msnニュース 2011.5.4 22:55
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110504/dst11050422570040-n1.htm
----------
 東日本大震災で被災地に派遣され、遺体の捜索・収容作業に当たっている自衛隊員や海上保安官、警察官の「心のケア」が課題となり始めている。これまでに1万人近い遺体を収容するなど奮闘してきたが、一方で凄惨(せいさん)な現場で受けた精神的ショック(惨事ストレス)から心的外傷後ストレス障害(PTSD)のような症状を訴えるケースも出ており、各省庁では惨事ストレス・ケアに乗り出した。

 「もう限界です。家に帰していただけませんか」

 西日本の部隊に所属する陸上自衛隊の30代の男性自衛官は、部下の切実な訴えに接するたび、心に重圧がのしかかる。
 震災直後に被災地入りし、数十人の部下と続けたテント暮らしはまもなく2カ月を迎える。主な任務は沿岸部での遺体の捜索活動。これまでに数十人の遺体を収容、自治体などに引き渡した。
 住宅のがれきの下では、全身に傷を負った親子とみられる若い女性と5~6歳ぐらいの女の子の遺体を発見した。「もしこれが自分の妻と子供だったら…」。思わずつぶやいた同僚は、夜になるとテントの中でうなされていた。
 春を迎えて日中の気温が上昇し、日を追うごとに発見される遺体の損傷は進んでいる。交代もままならず、「精神的にまいってしまい、前線を離れる隊員が多くなった」。

 防衛省によると、過去最大となる約10万人の自衛隊員を投入した今回の震災では、警察、消防、米軍などと合同で行った分も含めてこれまでに計約9200人の遺体を収容。今も被災地では、1日数人単位で遺体が発見され続けている。
 肉体的な疲労に加えて、損傷がひどい遺体を扱う惨事ストレスは日に日に増している。防衛省は、被災地での活動終了後に隊員が精神的負担からPTSDを発症する可能性があると判断。
 活動を終えて1カ月後、半年後、1年後をめどに、質問項目に記入する形式で心理状態を調査する方針だ。

 警察庁も対策に乗り出した。ケアの対象は岩手、宮城、福島の3県警の全警察官・警察職員の計約1万500人で、問診票を配り震災対応後の心身の状態について調査。惨事ストレスが強いとみられる職員には、委託先の民間機関から臨床心理士らのチームを派遣し、面談を行う。
 一方、がれきが漂う海中で捜索や遺体収容に当たっている海上保安官らも、相当な惨事ストレスを受けているとみられる。
 海上保安庁は、震災発生から1週間後に被災地で業務に従事する潜水士や巡視船艇の職員ら約1600人を対象にアンケートを実施。うち約1割の職員について、心のケアなど「経過観察が必要」とする結果が出た。
 こうした職員らと面談した海保の惨事ストレス対策アドバイザーを務める広川進・大正大准教授(臨床心理学)によると、「涙が止まらない」「現場の光景がフラッシュバックする」といったPTSDに似た症状を訴える声もあがったという。
 広川准教授は「過酷な作業の長期化が予測されるこれからが一番危険。まとまった休息をとって頭のスイッチを強制的にオフにするなど、十分なケアが必要」と指摘する。
----------

災害派遣、現場自衛官から上がる悲痛な声 ~なぜ政府は現場が活動しやすいように手を打たないのか~ http://bit.ly/ltrgq2 ← こちらの記事では、より詳しい災害派遣現場の状況が伝えられています。少し長いですが、ぜひ多くの方に知っていただきたい内容です。

このような状況を改善していただくよう、われわれ一般市民からも政府に要望する必要を感じたので、要望の提出先と意見の例を掲載させていただきました。

首相官邸 電話/FAX/送信フォーム
03-3581-0101/03-3581-3883/http://bit.ly/4HR4PX 
各府省への政策に関する意見 (防衛省など、関係省庁にチェック 名前・メアド不要)
http://bit.ly/1voTWO 

政府への要望の例
自衛隊災害派遣、環境改善のお願い
今回の震災にあたっては、自衛隊員の皆さんが多大な犠牲を払って活動されていることが伝えられています。隊員の皆さんの献身的な働きが妨げられることのないよう、たとえば防衛費の予備費を最低限の装備や薬剤などの購入費として活用するなどして、十分な物資の供給がなされるための最大限の配慮をお願いいたします。
また現場に必要な建設器材を民間から借り上げてでも用意するなど、防衛省を超えた施設器材等の管理換えを英断して頂きたく思います。
10万人体制で交代部隊がほとんど確保できないため、隊員の皆さんは極限の状態で活動されていると聞きます。現場の隊員個人の努力に頼りすぎず、輸送、補給といった、民間力を活用できる点についても政治力を発揮し、長期化を見越して現場に必要なものを用意するよう、よろしくお願いいたします。
災害派遣活動の長期化に伴い、肉体的な疲労に加えて、損傷がひどい遺体を扱う精神的ストレスは日に日に増しているとのこと。隊員の皆さんの体と心のケアのための十分な体制を、早急に整えてください。
自衛隊の皆さんにも、国民から感謝と応援の声が届いていることをお伝えください。
----------

また、陸上自衛隊では、ホームページで隊員の皆さんへのメッセージを受け付けています。

防衛省・陸上自衛隊 | 活動中の隊員へのメッセージ受付
メールフォーム・詳細など⇒http://tinyurl.com/4cn8m2l 
FAX送信要領
防衛省・陸上自衛隊の代表番号(03-3268-3111)にお電話いただきますと、電話交換に繋がりますので、「陸上自衛隊FAX受付」とお伝え下さい。
「ピー」という音が鳴りましたら、FAXを送信して下さい。

海上自衛隊の災害派遣は規模が小さいため、ホームページ上ではメッセージを受け付けていませんが、上の記事のように隊員の皆さんの貢献度は陸上自衛隊と変わりません。海上自衛隊の皆さんにも感謝と応援のメッセージ送りたいと思います。
こちらのメールアドレスが意見受け付け用になっていたので、宛先はこちらで間違いないと思います。
⇒ mso-cadv@inet.msdf.mod.go.jp
海上自衛隊に対するご意見・ご質問について http://bit.ly/jpSQwN

隊員の皆さんの活躍や活動の現状がもっと広く知られることと、環境が少しでも改善され、心身ともに健康が守られることを心よりお祈りいたします。


吉田茂の言葉 (防衛大第1回卒業式にて)

君達は自衛隊在職中決して国民から感謝されたり
歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない
御苦労だと思う

しかし
自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは
外国から攻撃されて国家存亡の時とか災害派遣の時とか
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ

言葉を換えれば
君達が日陰者である時のほうが
国民や日本は幸せなのだ
どうか、耐えてもらいたい



人気ブログランキングへにほんブログ村へ


災害派遣、現場自衛官から上がる悲痛な声 ~なぜ政府は現場が活動しやすいように手を打たないのか~

Posted by 優兎 on 03.2011 自衛隊
Tag :気になるニュース 東日本大震災
災害派遣、現場自衛官から上がる悲痛な声
~なぜ政府は現場が活動しやすいように手を打たないのか~

今回は、現役自衛官の藤井源太郎氏による、自衛隊の災害派遣活動の実情についてのレポートです。少し長いですが最後までお付き合いください。
JBpressより転載 http://tinyurl.com/3q3bvqe

---転載ここから---

美化することなく、英雄扱いすることなく、感謝も、慰労も求めておりません。ただただ、被災者の安心と被災地の復興のために必要な装備と、活動に対するご理解をいだたきたくて、国民の皆様にお伝え致します。

1.被災地の実情

 多くの被災者は、想像を絶する悲しみや心身の苦痛を伴いながらもなお、冷静さを保って不自由な生活に辛抱されておられます。

 しかしながら、被災地の現実は、きれいごとや美談ばかりではありません。

 被災地では、地震および津波発生以来、避難者の自宅への不法侵入による窃盗や、ドラッグストアやスーパーからの商品窃盗、銀行その他のATMや金庫の破壊および盗難、車両の給油口をバールでこじ開けてのガソリン窃盗なども発生しています。

被災者に生活物資を法外な値段で売りつける輩

 また、地元住民ではない人たちが自警団の目や警察の巡回をかいくぐって窃盗行為を行ったり、東京ナンバーの車両が、避難所周辺でロウソクやガスコンロ・ボンベなどの生活物資を法外な値段で売るような人もいます。

 捜索活動中に、バールなどでこじ開けられた金庫の残骸が多数発見されています。被災地では、マグロやサバ、特にイカの腐敗臭が非常に強くなっています。ご遺体の腐臭もあります。

 1カ月を経過して、今後ますます腐敗臭は強くなります。それは、自衛官の心身のストレスを高め、疲労させます。そして、泥は乾き、ご遺体の捜索、収容作業がますます困難になっています。

 津波の影響で、泥の上にがれきがあったのですが、がれきを撤去しても、その下の泥が日を追うごとに乾いて、ご遺体を隠してしまっているからです。

 一方、沿岸部では、海上自衛隊の掃海隊群が中心となって、ご遺体の捜索が行われています。その主体は、海の中で発見された不発弾や機雷等爆発物の水中処分(Explosive Ordnance Disposal:EOD) を任務とする水中処分員です。

少し力をかけただけでボロボロになる遺体

 こちらも、津波で流された木片や浮遊物といった障害物を除去しながら、捜索しています。特に、3週から5週目の間に、多くのご遺体は海中で膨張するため浮き上がってきます。そのため、地引き網より編み目の細い網で、慎重に収容します。

 少しのテンションでもぼろぼろになるので、丁寧に、丁寧に、棺やご遺体袋へ納めます。

 車から脱出できなかったご遺体や自宅ごと流され家から出られなかったご遺体は、なかなか浮上しませんので、極めて困難な収容作業となっています。

 しかし、このEOD員も、自民党時代から続く連年の人員削減、すなわち部隊の近代化、集約化と称する削減により、隊員数が少ないのです。

 横須賀、呉、佐世保にわずか4個隊(30隻)しかおらず、掃海隊が交代でことに当たっているものの、連日数度の捜索により隊員個々の疲労が蓄積しています。

 それでもなお、「我々は艦艇に戻れば温食、お風呂がある。現地で冷たい食事して、毛布にくるまって寝ている陸・空自の方が大変だ」という他部隊を労(いたわ)る言葉を発してくれます。

 いずれも梅雨が始まり作業が困難になってしまう6月までが勝負と、日々全力で作業に当たっています。

2.相変わらずの装備品不足

 泥濘(ぬかるみ)や水位の高い場所で作業する場合、防水ツナギ(胴付き長靴)を履いて行うのですが、このツナギの靴部分は軽易なゴム製になっており、非常にタイトなため半長靴を履いたままでは履けません。

 そのため、半長靴なしで胴付き長靴を履きます。その結果、がれきが散乱している現場では、釘などが長靴のゴムを貫通して足裏に刺さるという負傷事故が多数発生しています。

ケガをしても抗生物質がない!

 なお、その胴付き長靴すら需品在庫が少ないため、民間から買い上げています。加えて、現場に随行している衛生班には抗生物質が不足しており、十分な衛生が行えておりません。

 原子力災害用では、ヨウ化カリウム剤が不足しています。陸自の福島駐屯地や空自の百里基地に集積されているものの、原子力災害派遣部隊は各部隊1000錠ずつ用意して派遣隊員に持たせることになっています。

 しかし、部隊ごとに製薬会社と調整するため交渉が難航しており、いまだ購入に至っておりません。今後、福島第一原発付近でのご遺体捜索や、がれき等の除去作業を行ううえで、薬剤の不足が予見されます。

 防衛大臣は、中期防衛力整備計画において約1000億円の予備費(安全保障会議の承認を得て支出し得る予備的経費)を持っています。

 その予備費を、今こそ現場が渇望している最低限の装備や薬剤などの購入費として活用することはできないものでしょうか。

私物の携帯電話で連絡を取り合う隊員たち

 自衛隊の行動は編制単位部隊(いわゆる○○中隊や○○隊)毎で行われます。その下に、小隊や分隊、班があります。被災地で活動する場合、中隊長や隊長の指揮の下、小隊に別れて作業を行います。

 部隊間の連絡は野外通信用の携帯無線機を使用するのですが、小隊に1台、分隊にはなしというのが当たり前になっています。

 小隊以下はどのように連絡を取っていると思いますか?

 それは隊員の私物携帯(通信料ももちろん隊員負担)です。電波が通らない所では、伝令を走らせるか大声で呼ぶのです。

 肝心の携帯無線機の周波数帯も、警察、消防、国交省が良いところを押さえているため、防衛省の割り当て区域は、伝播(でんぱ)能力の低い周波数帯です。ちょっとした障害物で電波が届かないとか、この位置から少しずれると電波が入らないということが多いのです。

 こういった非常事態の場合においては、実際の活動状況を踏まえたうえで、伝播能力の高い周波数帯の割り当てを再検討して頂きたいです。

懐中電灯も自衛隊員の私物

 東北の夜は早く、夕方になると暗くなります。その際、懐中電灯やヘッドライトを使用しますが、これもほとんど隊員の私物です。

 官品は、懐中電灯で約30人の小隊で5個程度、ヘッドライトの支給はなし。LEDライトは、100人以上いる各中隊で5個程度。私物用の電池も、隊員が自腹で購入しており、官品補給はありません。

 海上自衛隊や米海軍のほか、民間船による海上輸送も始まりましたが、荷揚げ作業に用いる施設器材が不足しています。

 また、被災地では、がれきと車両などの除去を行っていますが、がれき除去の進捗に比べ、車両などの除去が圧倒的に捗っておりません。陸海空自の築城施設器材を動員して作業に当たっていますが、不足しているからです。

民間の建設機械を貸与してほしい

 クレーンを例に取ると、施設部隊や後方支援部隊に、トラック・クレーン、重装輪回収車、簡易クレーン付き3.5トントラックなどがあります。

 しかし、簡易クレーンは軽量物しか運べませんし、重装輪回収車は重量物を持ち上げられてもその速度は極めて遅いので、やはりトラック・クレーンが適しているのですが、台数がそんなにありません。

 自衛官は大型自動車、トラック・クレーン、玉かけ、フォークリフトなどの免許を持っている隊員が多数おります。

 現場に必要な築城建設器材を、民間から借り上げてでも用意して頂ければ、被災地の方々へ迅速に救援物資を運ぶことができます。

 政府にあっては、是非、防衛省を超えた施設器材等の管理換えを英断して頂きたいです。3.5トントラックも不足しており、現場では高機動車を使用しています。

自衛隊に災害救助の予算はほとんどない

 しかしこの高機動車も問題です。トヨタ自動車が開発した650万円の車両なのですが、雨天時にはメーター類や器材をビニールシートで覆って走行しなければなりません。

 また、頼みのランフラットタイヤもがれきでパンクしやすく、パンクすればわずか40キロ程しか走行できません。

 原子力災害やテロ対策は、空港、港湾警備と同じで、防衛省ではなく、警察の所掌業務であり、警察に予算がついています。

 放射線や放射性物質災害やテロ対策についても、警察と消防に予算がついており、防衛省にはCBRNテロ対策名目で、主に生物、化学兵器対策でしか予算はついていません。

 そのため、放射線防護服や除染車、無人機などの装備は、警察、消防の方が充実しているのです。

放射線防護服も絶対的に不足

 自衛隊の化学防護衣は、化学部隊を除いて、陸自では100人当たり10着程度しか配分されていませんし、海空自についても航空機救難(航空機事故)や基地警備に当たる隊員用にわずかしかありません。

 自衛隊の大型消防車は、消防庁と違い、基地、空港内だけの運用で長距離走行を意図していませんし、20年選手が多く老朽化しているため、フェリー輸送する際船着き場へ着くまでに故障しています。

 自衛隊は戦う組織だから、自衛隊の方が何だか良い装備を持っていると思うのは、幻想にしか過ぎません。

 隊員は、使命感を持って任務の完遂に取り組んでいますが、政府にあっては、現場の隊員個人の努力に頼りすぎず、長期化を見越して現場に必要なものを用意して頂きたいです。

3.10万人体制に問題あり

 極東情勢が緊張している今、国防が「主たる任務」でありながら、「従たる任務」である災害派遣に10万人体制で取り組むことが真に妥当であるか、この疑問は前回皆さまにお伝えいたしました。

 震災後、ロシアや中国は我が国の防衛体制に穴がないか、たびたび確認に来ています。誤解がないように強調したいのですが、10万人すべてが現地へ行っているというわけではありません。被災地にいて実働している人員は陸海空すべてで3万人程度です。

 そのほか、各基地、各駐屯地、市ヶ谷などを含む指揮所、指揮通信システム維持、空輸、陸送、海上輸送、補給要員などを全て含めての10万人体制です。

 戦力投射能力(パワー・プロジェクション・アビリティー)という観点から見ると、災害派遣、原子力災害派遣において早々に10万人体制を確立したことは、他国からの高い評価からも分かる通り、それ自体が抑止力になっています。

10万人体制の結果、交代部隊が確保できない

 ですが、10万人体制の問題は、2つあります。まず交代部隊がほとんど確保できないという点です。

 今、3週間現地勤務して、1週間原隊(げんたい)復帰(休暇)、その後また3週間勤務・・・と、同一部隊、同一隊員が行っています。

 警察や消防は、約1週間ごとに交代していますが、自衛隊では10万人体制維持のため、交代要員が確保しづらい状態になっています。

 これから、今まで以上に酷い光景を見て、匂いを嗅ぐことになります。

 1次派遣中に陸上自衛隊でも死者が出ました。災害派遣中に大量のご遺体を見て、いたたまれなくなっての自殺です。殉職と言ってもいいでしょう。また、50代陸曹長が病死しました。こちらも、殉職と言えます。

 同様に、薬の欠かせない持病があるにもかかわらず、災害派遣に押っ取り刀で派遣されたため、薬がなく体調を崩す隊員が出る危険性もあります。

陸路で東北と九州を何度も往復する自衛隊員

 2番目に、輸送機や輸送トラックが不足しています。空自の輸送機の多くが老朽化し退役しつつあるため、空中給油機なども使用しているのですが、それでも機体が足りません。トラックに関しても、物資とともに隊員も輸送しているため、絶対数が足りません。

 このような状況でも、民航機や民間鉄道を使用させてもらえません(空自の場合、空輸困難な場合に限り一部鉄道利用可能)。

 例えば、宮城県に展開している陸自は西方総監隷下が多いのですが、2日かけてトラックや高機動車で九州の原隊に戻り、6日ほど休んで、また2日かけて陸路被災地へ向かっています。運転する隊員も、作業に当たっています。

 このあたり、10万人体制を政治力で敷いたのですから、予算どうこうではなく、輸送、補給といった、民間力を活用できる点についても政治力を発揮して頂きたいです。

4.装備品は能力に適した使い方を(74式戦車と無人機の例)

 装備品は、能力(性能)に合わない使い方(運用)をしようとすると、現場は混乱し、遊兵(ゆうへい)ができてしまいます。

 提案なのですが、74式戦車は、原発敷地内のがれき除去では無く、投光器(サーチライト)として使用した方が効果的だと思います。

 74式戦車は、砲塔横に脱着可能なアクティブ(自ら発する)式赤外線/白色光投光器が付いています。

 この投光器は、戦車主砲の横に装着するもので、夜間戦闘を可能にするための装置なのですが、白色光線を出すことも可能で、その性能は3000メートル先でも新聞がはっきり読める明るさです。

 このアクティブ式赤外線/白色投光器装着の74式戦車は、1991年2月の長崎県雲仙普賢岳再噴火および溶岩ドーム形成の際は待機のみでしたが、2011年1月の鹿児島県新燃岳(しんもえだけ)噴火の際には、火山活動調査のため、投光器で噴火口を照射しています。

喧伝されたブルドーザーには向かない74式戦車

 同じく鹿児島県桜島についても、投光器で噴火口を照射しています。

 2011年3月21日(月)早朝、74式戦車2両がJヴィレッジに到着しましたが、そのまま待機し続けており、使われておりません。

 ニュースでは、「原発所内がれき除去のため、74式戦車を投入。74式戦車は、放射線や放射性物質への防護能力が高く、ブルドーザーとして使える」と盛んに解説されていました。

 74式戦車の放射線および放射性物質への防護能力とは、以下の3点のことであって、対核兵器戦闘ができるということではありません。

 1に、装甲が厚い。2に、水上走行のために完全気密の作りになっている。3に、車内への空気取り入れ口に活性炭フィルターを装着している。

 カタログデータ上はそうなのですが、装甲が厚いのは一部のみ。老朽化やサビ等により気密性は損なわれています。活性炭では放射性物質を完全に除去できません。また、ブルドーザーとしての能力はほとんどありません。

強力なサーチライトを生かすべし

 今回投入された74式戦車は、「ドーザーアタッチメント」を装着しています。これは、上下可動式であり、戦車自身が隠れる掩体壕を掘り、盛り土するためのものです。走行時に、小さながれきを除去することも、一応可能ではあります。

 しかし、大きな配管や電柱などを除去することはできませんし、横方向などの複雑な動きはできません。

 また、臨時の電源や通信回線が地面上に敷かれているため、それらを断線する危険性もあることから、視界が得られない74式戦車の出番は、恐らくないでしょう。

 それよりもむしろ、窃盗や不法領得が横行しており、電気も通っていない被災地に戦車を各所に配置して、白色光投光器による夜間照明を行った方が、治安の維持に活用できると思います。

 米空軍は、高々度無人偵察機RQ-4Bグローバル・ホーク2機を投入。米陸、海軍は小型垂直離着陸無人偵察機RQ-16タランチュラ・ホークを投入しています。

米軍に頼らず自前の情報収集力を

 平成23年度予算で高々度滞空無人機の調査費が計上され、ノースロップ・グラマン社が熱心に売り込んでいるRQ-4Bから、福島第一原発の凄惨な映像データがもたらされました。

 一方、陸自には、民間でも農薬散布実績のある富士重工業製の遠隔操縦観測システム(FFOS)やイラク復興支援での運用実績のあるヤマハ製無人ヘリコプターシステムが、方面特科隊(昔の砲兵、りゅう弾砲や対艦ミサイルなどを保有)等の観測用として配備されており、すぐに使えます。

 これらの無人機システムを、原発所内や被災地で運用すべきだと思います。我が国における大震災、原子力災害にもかかわらず、同盟国から情報を得ている現状は、やはり問題だと思います。

 それに、「トモダチ作戦」の費用は半分以上が我が国負担になるため、真に必要な点以外で依存しすぎるのは良くありません。

 米軍並みの高精度ではないとはいえ、我が国自身の手で、無人機を運用し情報を得て、爾後の対策に活用することは重要なことだと思います。

 また、被災地での無人機巡回は、74式戦車の投光器とともに、横行している窃盗等の不法行為への抑止力になると思います。

5.隊員の生活例

 5時起床、18時捜索終了、作戦会議やミーティングなどで23時頃就寝。物資輸送については、交代制で夜間も行っています。4日に1度の入浴(片道3時間)。多くの場合、洗濯は入浴を早めに切り上げて行います。

 食事は、ほとんど1日2食です。当初は乾パンばかりだったのが、除々に冷たい缶飯になり、たまに温食が出ます。週に1度の休日は、入浴とほとんど疲れて眠るだけ。

 国家、国民の一大事に派遣される時、最初、士気は高いものです。しかし士気は弓矢と一緒で、最初は勢いよく放たれますが、弓なりに失速するものです。

 士気も日を追うごとに、見たくないものを見て、嗅ぎたくない匂いを嗅いでいると衰えていきます。

 そんな士気が衰えてきた時に、隊員を奮い立たせるのは、堅確な意志を体現した指揮官の姿であり、熱誠を込めた言葉なのです。堅確な意志と熱誠を込めた言葉によって、衰えた士気は振作されます。

 我々自衛官は、国民の皆様から感謝されればもちろん嬉しく思います。ですが、そのためにやっているのではありません。

現場で活動する自衛官のためにお願いしたいこと

 自衛官は国民の生命と財産を守ることが任務であり、使命であり、当たり前のことなのです。また、こういう文章を書く理由は、感謝してほしいのではなく、理解して、活動を支援して頂きたいからです。

 今回の自衛隊災害活動においてさえ、マスコミには心ない発言をしたり、作業をしている隊員に心ない発言を浴びせる方がおります。

 また、周波数割り当てや装備品等、他省庁で持っているものを貸与して頂くといった支援が必要なことを理解して、その気運を高めて頂きたいのです。

 そして、疲労を忘れさせ、士気を奮い立たせる、隊員の心に響く指揮官の意志と態度が必要なのです。隊員の士気を維持し続けているのは、次のような某中隊長の言葉なのです。

「被災者や行方不明家族のおられる方々が、固唾をのんで見守る中での作業は辛いものがある。しかし、崇高な使命を達成できるのは我々しかいない」

 「現地での作業で見せた諸官の行動は間違っていない。何かあれば、私が責任を取るから、存分に作業に当たってほしい」

 「避難所などで被災者が心身疲労しており、真に必要な救援物資の到着を待っている。被災者に会ったら、何が必要か、何が不足しているか、どうしてほしいか、少しでも情報を取ってこい。ただで帰ってくるな」


---転載ここまで---

自らを省みず活動されている自衛隊員の皆さんに、心からの敬意と感謝の意を表したいと思います。


※最近見かけたツイートより

被災地に派遣されている自衛隊員から聞いた話① 皆さんからの応援メッセージfax、辛い任務の中でとても力になってるそうです。食堂の様なところにずらりと貼りだされていたりして、隊員の皆さんがしっかり読んでおられるとのこと。

被災地に派遣されている自衛隊員から聞いた話② 隊員の一割が被災者と言われる中での不明者捜索。発見される小さな御遺体に自分の子供を思う隊員も…報道の通り、精神的な負担もかなり有。しかし、未曾有の大災害にあたり、かつてないほど隊員の「日本の国のため、国民のため」という雰囲気は強いと!


陸上自衛隊では、隊員の皆さんへのメッセージを受け付けています。

防衛省・陸上自衛隊 | 活動中の隊員へのメッセージ受付
メールフォーム・詳細など⇒http://tinyurl.com/4cn8m2l 
FAX送信要領
防衛省・陸上自衛隊の代表番号(03-3268-3111)にお電話いただきますと、電話交換に繋がりますので、「陸上自衛隊FAX受付」とお伝え下さい。
「ピー」という音が鳴りましたら、FAXを送信して下さい。

海上自衛隊の災害派遣は規模が小さいため、ホームページ上ではメッセージを受け付けていませんが、隊員の皆さんの貢献度は陸上自衛隊と変わりません。海上自衛隊の皆さんにも感謝と応援のメッセージ送りたいと思います。
こちらのメールアドレスが意見受け付け用になっていたので、宛先はこちらで間違いないと思います。
⇒ mso-cadv@inet.msdf.mod.go.jp
海上自衛隊に対するご意見・ご質問について http://bit.ly/jpSQwN

政府への要望などはこちら
首相官邸 電話/FAX/送信フォーム
03-3581-0101/03-3581-3883/http://bit.ly/4HR4PX 
各府省への政策に関する意見 (防衛省など、関係省庁にチェック 名前・メアド不要)
http://bit.ly/1voTWO 

政府への要望の例
自衛隊災害派遣、環境改善のお願い
今回の震災にあたっては、自衛隊員の皆さんが多大な犠牲を払って活動されていることが伝えられています。隊員の皆さんの献身的な働きが妨げられることのないよう、たとえば防衛費の予備費を最低限の装備や薬剤などの購入費として活用するなどして、十分な物資の供給がなされるための最大限の配慮をお願いいたします。
また現場に必要な建設器材を民間から借り上げてでも用意するなど、防衛省を超えた施設器材等の管理換えを英断して頂きたく思います。
10万人体制で交代部隊がほとんど確保できないため、隊員の皆さんは極限の状態で活動されていると聞きます。現場の隊員個人の努力に頼りすぎず、輸送、補給といった、民間力を活用できる点についても政治力を発揮し、長期化を見越して現場に必要なものを用意するよう、よろしくお願いいたします。
災害派遣活動の長期化に伴い、肉体的な疲労に加えて、損傷がひどい遺体を扱う精神的ストレスは日に日に増しているとのこと。隊員の皆さんの体と心のケアのための十分な体制を、早急に整えてください。
自衛隊の皆さんにも、国民から感謝と応援の声が届いていることをお伝えください。
----------

人気ブログランキングへにほんブログ村へ


  

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。