Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村田先生が、自治基本条例の問題点を分かりやすく解説 「自治基本条例講演会 in栃木」 H24.2.5

Posted by 優兎 on 13.2012 自治基本条例



栃木市で自治基本条例に関する村田春樹先生の講演会がありました。

栃木市だけでなく、すべての自治体の「自治基本条例」が持つ問題点を、非常に具体的に説明してくださっています。

自治基本条例の問題点の整理や、周知拡散などに活用してください。


村田春樹 『自治基本条例を考える会』 H24.2.5
http://bit.ly/y31Beq

    四角いアイコンをクリックすると動画を選べます ↑


関連記事:
自治基本条例の防ぎ方 http://bit.ly/hhKsqc
自治基本条例の正体 
http://bit.ly/gNec33
「常設型住民投票条例」への効果的な電凸方法 http://bit.ly/dRbzoU
自治基本条例 意見の提出方法 
http://bit.ly/ialt3m
魔法の言葉 「協働」 の正体 
http://bit.ly/ebK9Ql


クリックしていただけると励みになります
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


スポンサーサイト

【拡散希望】島根県出雲市、静岡県掛川市で、日本解体の策謀「自治基本条例」が制定の危機!外国人にも参政権を与え、プロ市民が地方自治を牛耳る、国民主権と議会制民主主義を根底から崩壊させる恐ろしい政策です #izumo #kakegawa

Posted by 優兎 on 10.2011 自治基本条例
Tag :危険な政策を阻止しよう 拡散したい動画 自治基本条例


10/13 追加:大阪府門真市で自治基本条例 http://bit.ly/nrm8Eb

問い合わせ先  公民協働課  電話06(6902)5612

10/10 追加:静岡県焼津市でも自治基本条例
 ↓
「自治基本条例を考える市民会議委員」を募集します http://bit.ly/n7f1Ll

問合せ先 焼津市役所
電話:054-626-2141 ファクス:054-626-2185 
Email:kikaku@city.yaizu.lg.jp メルフォ:http://bit.ly/o9NsoE


島根県出雲市で、日本解体の策謀「自治基本条例」が制定の危機を迎えています。

出雲市のホームページ
 ↓
出雲市では自治基本条例策定に向けた検討を進めています。 
http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1271672525513/index.html

自治基本条例の検討状況について http://bit.ly/p7Kd2i

◇住民投票制度(常設型)の投票資格について

■市民懇話会の意見としては、「公職選挙法を準用することが望ましい」「外国籍の方を対象とすることについては慎重な検討が必要である」との意見が多くあっています。

■市は、「常設型の住民投票制度」が直ちに「外国人に投票資格を認めること」になるとは考えていません。

■市長は、市民懇話会の提言を受けた後の9月定例市議会の一般質問において、住民投票の資格については、「公職選挙法に規定する有権者(日本国民で年齢満20年以上の者)が最も公正」との答弁をしました。

■これらの状況を踏まえ、自治基本条例の原案作成の作業を進める考えです。


自治基本条例は、反日・左翼勢力が地方自治乗っ取りのために強力に推進している政策で、全国的に広まっています。
出雲市は住民投票だけに目をそらせ、「外国人投票権はないから大丈夫」と誘導しようとしているのかもしれませんが、実際はもっと深刻な問題を抱えています。

中国や朝鮮半島で反日教育を受けて育ったような外国人にも直接参加の参政権を与え、選挙で選ばれてもいない左翼プロ市民が地方自治を思うままにコントロールするという、国民主権と議会制民主主義を根底から崩壊させる恐ろしい政策です。

日本に対する忠誠心もないまま日本に帰化する外国人も増えてきている今、日本国籍があるから日本の国益を考えるとは言えない時代になってきました。
そのような「市民」が選挙で公正に選ばれた議会を飛び越えて自治を牛耳るのが、この自治基本条例です。

これ以上広めることは文字通り日本解体につながるので、許すことはできません。
売国条例を市民が知らないうちにこっそりと制定させようとする出雲市の実態がよく分かる動画がアップされたので、少し長いですがすべて貼り付けました。


自治基本条例の問題点を知りたい方はとりあえずこちらの動画をご覧ください。
 ↓
日本解体の策謀「自治基本条例」を阻止せよ!
http://youtu.be/CF9kaVlTg9Q



地方議員が体験した、自治基本条例運用の恐るべき実態
http://youtu.be/s2ImI9WjGpA



ここからが本題です
 ↓
住民投票条例について、出雲市役所の認識は?
すべての動画を連続再生できます⇒http://bit.ly/raPrdm


       右端のアイコンをクリックするとコメントを非表示にできます ↑

















出雲市のほか、静岡県掛川市でも制定がほぼ決まりつつあります。

掛川市 ~条例を考える市民委員会だより 23~ 最後の総仕上げへ 
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/koho/column/autonomy/index.html

 市民委員会では、8月に開催した区長会理事会、地域生涯学習センター長、事務長との意見交換などで出された意見なども参考にしながら、市民委員会としての最終的な条例素案を完成させ、10月17日に松井市長へ答申します


掛川氏は自治基本条例に反対する動画をアップしてくれているチャンネル桜の水島社長の出身地でもあり、そのような場所で売国条例の制定を許すのは本当に屈辱的な事です。

全国の条例すべてを一度に阻止するのは事実上無理があるかもしれませんが、出雲市と掛川市だけでも阻止できるよう、該当地域の方への拡散をお願いします。


該当地区に住んでいる方は市会議員への意見が有効なので、議員が条例に反対するよう意見をお願いいたします。

市役所にも、反対している市民がいることを知らせた方がいいと思います。
 ↓
出雲市役所 総合政策部 政策企画課 
 電話:0853-21-6614/FAX 0853-21-6729 メール seisaku@city.izumo.shimane.jp

掛川市役所
 電話 0537-21-1111/FAX 0537-21-1166/メールhttp://bit.ly/mS7muX

チャンネル桜に何らかの形で協力してもらえないか問い合わせるのも効果があるかもしれません

チャンネル桜 TEL 03-6419-3911 FAX 03-3407-2432  info@ch-sakura.jp

関連記事:自治基本条例について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
自治基本条例の正体 
http://bit.ly/gNec33
自治基本条例の防ぎ方 
http://bit.ly/hhKsqc 
「常設型住民投票条例」への効果的な電凸方法 
http://bit.ly/dRbzoU
自治基本条例 意見の提出方法 
http://bit.ly/ialt3m
魔法の言葉 「協働」 の正体 
http://bit.ly/ebK9Ql
自治基本条例に対する意見の例 
http://bit.ly/u5Ag5E
ひと目で分かる 住民投票条例チェックポイント(野田市と生駒市の比較) http://bit.ly/owC4NM



クリックしていただけると励みになります
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ



追記:

出雲市自治基本条例 政治家凸 より転載

市会議員に圧力をかけてはどうかと思い、名簿を探しました。

http://www.city.izumo.shimane.jp/www/contents/1124324707487/html/common/4e5dfd59013.html

1.飯 塚 俊 之
http://iituka-toshiyuki.jp/index.php?id=44
TEL.0853-63-3161
FAX.0853-63-3979

6.小 村 吉 一
TEL.0853-63-3060
FAX.0853-63-306

7.大 国 陽 介
http://jcp-o-guni-yosuke.weblogs.jp/
jcp_yosuke@yahoo.co.jp
TEL.0853-28-2112
FAX.0853-28-2112

9.遠 藤 力 一
http://twitter.com/#!/endomame0220
http://endo.komei-shimane.com/
携帯.090-9063-9107
FAX.0853-21-0629
endomame0220@gmail.com

13.多々納 剛人←推進派
http://blog.goo.ne.jp/shinseitsuyoto

14.川 上 幸 博
http://twitter.com/#!/kyukihirooooo

16.福 代 秀 洋
http://homepage3.nifty.com/Yamagai/index.htm
lef04352@nifty.ne.jp

23.勝 部 順 子
http://twitter.com/#!/junko_katube
k-1219@icv.ne.jp


【拡散希望】 事実上の外国人参政権 「自治基本条例」が進行中 栃木県鹿沼市 千葉県佐倉市 神奈川県藤沢市 鳥取県米子市 滋賀県彦根市/早めの対応が有効です

Posted by 優兎 on 15.2011 自治基本条例
Tag :危険な政策を阻止しよう 自治基本条例(進行状況)
自治基本条例関連、取り急ぎ新しく入ってきた情報を掲載します。
このような条例の制定が進んでいることが該当地域の方にも伝わるよう、拡散お願いいたします。

●栃木県鹿沼市 自治基本条例
http://www.city.kanuma.tochigi.jp/13,10150,155,718.html

●千葉県佐倉市 自治基本条例
http://www.city.sakura.lg.jp/010325000_kikakuseisaku/900kobetsu/070jichikihonjourei/seiteinimukete.html

●神奈川県藤沢市 自治基本条例
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kikaku/page100058.shtml

●鳥取県米子市 自治基本条例
http://www.city.yonago.lg.jp/3316.htm

●滋賀県彦根市 活ける基本条例
http://www.city.hikone.shiga.jp/kikakushinkobu/machizukuri/machizukuri-kihonjourei_hituyousei.html

関連記事:自治基本条例について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
自治基本条例の正体 http://bit.ly/gNec33
自治基本条例の防ぎ方 http://bit.ly/hhKsqc 
「常設型住民投票条例」への効果的な電凸方法 http://bit.ly/dRbzoU
自治基本条例 意見の提出方法 http://bit.ly/ialt3m
魔法の言葉 「協働」 の正体 http://bit.ly/ebK9Ql
自治基本条例に対する意見の例 http://bit.ly/u5Ag5E

自治労の見方-自治基本条例の実態に見る“落とし穴”





応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


【自治基本条例の正体】 自治基本条例制定運動が目的とするもの

Posted by 優兎 on 23.2011 自治基本条例
Tag :自治基本条例とは何か
自治基本条例制定運動が目的とするもの

 これで良いのか日本の安全さんで、「自治基本条例」が実際どのようなものか、分かりやすく紹介されていたので転載させていただきます。
 高崎市を例に挙げていますが、すべての自治体に共通する問題と考えてよさそうです。

~~~~~ 転載ここから ~~~~~

 群馬県高崎市が3月議会で「高崎市自治基本条例」を制定しようとしている。

 この条例は、「市民の、市民による、市民のための条例」「市民が主役」とか「市民自治」などのうたい文句で、すでに全国100あまりの自治体で制定されているという。
(筆者注:現在分かっているだけでも200以上の自治体、一説には500以上で施行済)

 これは民主党の有力支援団体である自治労が主導し、組織的に全国的で深く静かに推進されている運動であり、それが証拠に骨格となる条文はどこも同じ内容である。

 この運動を推進する人々が「市民」「市民」と金科玉条のように掲げる「市民」とは、イコール住民ではない。


 この条例の真の狙いは、新たに市民の概念に加えられた住民以外の市内在勤者、学生、及び市内で活動する労働組合やNPO、外国人に、政策決定に関与できる権利を与える仕組みを作ること である。

 もっと言えば、正攻法では決して多数派を形成できない左翼市民運動の活動家(プロ市民)が、日々の生活に忙しくてそのような時間も余力もない一般市民の隙をついて、主権者である住民から自治の権利を掠め取るたくらみである。

 その明確な証は、この条例に、「市民の権利」として「街づくりの主役であり、主権者である市民は国籍、年齢、性別、障害の有無にかかわりなく街づくりに参加することができる」と明記していることである。

 これはトリックと欺瞞に満ちた論理である。

 高崎市の主権者も街づくりの主役も「住民」であって、ここでいう「市民」は断じて主権者でも街つくりの主役でもあろうはずはない。

 権利のみで義務を負うことなく、運命共同体の枠の外にいる人々、住民でもない市民団体の活動家が、「市民」の名の下に直接行政に介入するルートを作るなど、住民の権利の侵害以外の何ものでもあるまい。

 職員で構成する「市自治基本条例制定検討職員プロジェクトチーム」、市民代表から成る「市自治基本条例検討市民委員会」など条例制定の組織は、住民の目から真の狙いを覆い隠して市民の意見を排除し、強引に事を運ぶ隠れ蓑である。

 条例制定を推進する人々は、この条例を作ってさえしまえば、住民の意向などはプロ市民の熱意と鍛えられた詭弁でどうにでも操ることができると高をくくっている。

 従って手続き上やむを得ず実施したパブリックコメントで、「『市民』に外国人を含め、市政に参加する権利を付与することは認められない」と住民多数の反対意見が寄せられても、素案の修正に反映されることはないのである。

 既定方針どおりの条例が制定できれば、市長や市議会より権限のある「市民委員会」に労働組合や左翼政党活動家などを送り込み市政の支配が具体的にスタートすることとなる。

 市長や市議会議員が、議会の機能を形骸化させるたくらみを見抜くこともできずに、自らに与えられた権限を制約し拘束することとなる条例制定を許すなら、その災いはその程度の選良を選んだ住民に降りかかることとなる。

~~~~~ 転載ここまで ~~~~~

>住民多数の反対意見が寄せられても、素案の修正に反映されることはないのである。

 ここは「反対意見を送っても意味がない」と言っている訳ではなく、「推進派は市民の意見などに耳を傾けるつもりはない」ぐらいの意味だと思います。
 実際高崎市では、市民の声に後押しされた市議のみなさんが修正に尽力した結果、白紙撤回を勝ち取りました。

 高崎市「自治基本条例」に意見403件
 http://bit.ly/elG5aU
 外国人参政権促す最高規範規定削除へ
 http://bit.ly/dIKeqb
 外国人=市民とする条例案に市議らが反発
 http://bit.ly/eXJySL
 高崎市の外国人市民条例案は白紙撤回へ
 http://goo.gl/Y98DZ

国を守ろうという志を持った議員の方に働きかけ、反対意見提出も含めいろんな形で支援していくことも非常に意味があるという好例だと思います。

関連記事 
自治基本条例の防ぎ方 http://bit.ly/hhKsqc 
自治基本条例 意見の提出方法 http://bit.ly/ialt3m
「常設型住民投票条例」への効果的な電凸方法 http://bit.ly/dRbzoU


人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


自治基本条例に対する意見の例

Posted by 優兎 on 23.2011 自治基本条例
Tag :危険な政策を阻止しよう 意見募集(自治基本条例・市民参加条例)
・自治基本条例に対する意見の例 http://bit.ly/iPUTMJ

こちらのファイルにある意見例より、 例1を転載したものです。

~~~~~~~~~~

自治基本条例に対する意見

自治基本条例や、まちづくり基本条例などは、市民の直接政治参加を可能にするものですが、このような制度を地方自治体が勝手に作ることは憲法上認められておりません。しかも時間に余裕のある人だけが得をする非常に不平等な制度です。もし法と民意に基づいて自治を行うとすれば、このような制度は廃案にする以外にないと考えます。

上記の問題点に加え、市民の定義が広すぎるという問題もあります。市民には外国人や住民以外のものも含まれています。しかしこれは国民主権の原理に反することはもちろん、住民自治の原理にも反します。(住民自治とは、地方自治は住民の意思に基づいて行われるという意味です。よく、市民参加や協働と結びつけて定義する方もおられるようですが、それは間違いですのでお気を付けください。ウィキペディアをはじめとするオンライン辞書にちゃんと定義されていますので、この際確認されることをお勧めします。)外国人や住民以外の者が市政に参加できるような定義の仕方はすべきではありません。

住民投票については、そもそもこのような制度が必要かというところからしっかり議論すべきではないでしょうか。改めて十分な議論する機会を設けるべきであり、この条例案に盛り込む必要はないと考えます。
住民投票の投票権者に外国人や未成年を含めることは、私は賛成できません。まず、国民主権の原理に反します。また多くの国民が、外国人や未成年が政治参加することに対し反対の意見を持っています。そのような者は、「日本」という国全体の在り方という視点から地方政治を考える能力が十分に備わっていないからです。
投票権者を選挙権を有する者と規定する方法もありますが、ここはしっかりと「日本国籍を持つ20歳以上の者」と規定すべきです。

未成年にも参政権を与えるようですが、前述の通り未成年にはまだ地方行政についてバランスの取れた判断をする能力が備わっていない可能性が高く、またいずれにせよ直接民主制の導入につながりますので、未成年の政治参加は不適切です。

自治基本条例やまちづくり基本条例の多くは最高規範性が与えられ、他の条例などに整合性が求められますが、条例同士で優劣があるというのはおかしいと思います。地方自治法にそのような条例を作る手続きが書いてあれば認められますが、当然そのような法律は存在しないわけですから、最高規範性を与える法的根拠がまったくありません。一つの条例にすぎないものに最高規範性を与えるべきではないと考えます。

~~~~~~~~~~

人気ブログランキングへにほんブログ村へ


講演会のお知らせ 2月27日(日) 危ない条例! 自治基本条例・住民投票条例を阻止しよう!

Posted by 優兎 on 20.2011 自治基本条例
講演会のお知らせ 2月27日(日) 危ない条例! 自治基本条例・住民投票条例を阻止しよう!

沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク(JSN)さんより転載
http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/cdb841bc976ce72272dd581d323fec5d

村田春樹先生からの拡散依頼です。

先日、日本会議の支部集会で村田先生の講義を聞いたのですが、反日プロ市民に
よる外国人の参政権を与える動きが絶妙な形で、気がつかないように進められて
いるようです。

驚いたことに、自分の住む自治体で、現在、それが進められていました。

教えていただかなければ全く気が付きませんでした。

少ない外国人が複数の自治体の住民投票に参加きる仕組みづくりを狙っているよう
です。

まずは、自分のお住まいの自治体のホームページに

「自治基本条例」「住民投票条例」というタイトルが無いか検索してみましょう!

もしそのような動きがあったら、このセミナーに参加して対策を打たなければ手遅
れになってしまいます。

反日プロは、地方自治からのっとりを図っています。
自分の自治体は自分で守るしかありません。

幸いそのような動きがない場合は、参加してその危険性と彼らの手口を仲間に伝えてください。

下記セミナーの情報是非、拡散をお願いいたします。

(JSN代表 仲村)

---------
危ない条例! 自治基本条例・住民投票条例を阻止しよう!

演題 「こうして阻止した危ない条例」
講師 木上和高(外国人参政権に反対する会・神奈川代表)


演題 「反日プロ市民と外国人に占領される地方自治」    
講師 村田春樹(同・東京代表)


日時 2月27日(日)午後1時30分~4時30分
場所 東京都中央区立築地社会教育会館 4階視聴覚室
東京メトロ「東銀座」都営地下鉄「築地市場」徒歩5分がんセンター隣。
会費 1,000円
主催 外国人参政権に反対する会全国協議会
連絡先 090-7055-2500(村田)


全国市町村 HP一覧 http://personlink.jp/link/cities/

      人気ブログランキングへ

魔法の言葉 「協働」 の正体

Posted by 優兎 on 20.2011 自治基本条例
呪文のように唱えられる「協働」という言葉
 近年全国の市町村で「自治基本条例」、「まちづくり基本条例」、「市民参加条例」といった制度が次々と制定されています。その際に必ず使われる言葉が「協働」です。
 「協力して働く」、言葉の響きだけからすると、誰もが異を唱えることなくこのような条例の制定を歓迎、あるいは容認することでしょう。

 しかし、この言葉が旺文社の国語辞典に載るようになったのはほんの25年前のことだそうです。つまりは何らかの目的をもって作られた「造語」であるということ。この「協働」について詳しく説明している記事を転載させていただきました。



  

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。