Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男女共同参画 意見募集結果発表

Posted by 優兎 on 31.2010 意見募集一覧
長岡京市/男女共同参画計画(案)に対する意見公募結果
http://www.city.nagaokakyo.kyoto.jp/contents/01080079.html

京丹後市/パブリックコメント「京丹後市男女共同参画計画(後期)」及び「京丹後市男女共同参画条例」 ご意見募集結果
http://www.city.kyotango.lg.jp/shisei/sanka/public/h23/danjokyodo/kekka/index.html

「亀岡市男女共同参画計画」(案)に関するパブリックコメントの結果について - 亀岡市のホームページ
http://www.city.kameoka.kyoto.jp/contents_detail.php?frmId=10467
スポンサーサイト

板橋区、和泉市、山陽小野田市の意見募集は終了しました。(自治基本条例)

Posted by 優兎 on 29.2010 関東地方
 板橋区、和泉市、山陽小野田市、3地域の自治基本条例に対する意見募集は終了しました。
 ご意見の投稿に際し拙ブログをご覧になってくださった皆様には、心から感謝いたします。

参考記事
「自治基本条例」が制定されようとしています。 板橋区 和泉市 山陽小野田市
裏口からの外国人参政権!? 自治基本条例の広がり



関連記事

自治基本条例 意見の提出方法

Posted by 優兎 on 25.2010 自治基本条例
自治基本条例について、意見提出の大まかな手順をご説明します。

1.自治体では条例の必要性を次のように説明しています
 (高崎市の例ですが、どの自治体もほぼ同じのようです。)
 ・地方分権が進み、これまで上下・主従の関係であった国と地方が、対等・協力の関係へと変わってきた。そのため、地方自治体が自らの責任と判断のもとで、地域の実情に沿った行政を運営することが求められている。
 ・大きな社会環境の変化によって、市民のニーズや価値観が多様化してきたことで、今までの行政サービスでは対応が難しくなってきた。そのため、「今後、市民と行政がどのようにまちづくりを進めていくのか」その考え方や仕組みなどを定めていくことが求められている。

2.この条例が、実際にはどのような問題点を抱えているかを知ってください。
 参考記事:
 自治基本条例 現職議員の指摘 その1 防府市議 伊藤央氏

 自治基本条例 現職議員の指摘 その2 川崎市議 三宅隆介氏

 木原稔 公式サイト 自治基本条例の怪 その1 その2 その3

 自治基本条例はなぜ危険なのか (pdfファイルです、チラシとしても使えます)

3.この条例について、「最高規範性」「直接民主制の導入」「外国人の政治参加」「未成年の政治参加」「地域外住民の政治参加」などの観点から考えをまとめてください。

4.「外国人や市外の人まで、政治に参加できる市民に含めるべきではないと思います。」などの意見を書きます。
  もしできれば、「○○条について、××だと思います。」など、どの項目についての意見かをはっきりさせるとよりよいと思います。

5.住所、氏名を書いてメールやファックスなどで送ります。(自治体によっては電話番号の記入が必要な場合もあります。)
※市民でない方でパブコメの対象にならない場合は、必ずしも厳密に個人情報を知らせたり、期日までに送ったりする必要はないと思います。

※こちらも参考にしてください
自治基本条例に対する意見の例(pdf)⇒http://bit.ly/u5Ag5E


人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


自治基本条例 現職議員の指摘 その2

Posted by 優兎 on 24.2010 自治基本条例
自治基本条例 根本的な問題点:市議会議員の指摘 2 
 前回は山口県防府市の例を取り上げましたが(現職議員の指摘 その1)、神奈川県川崎市の市議会議員である三宅隆介氏もこの条例の問題点に気付き、自身のブログではこの条例のことを「行政ゴミ」と呼んで警鐘を鳴らしています。



関連記事

自治基本条例 現職議員の指摘 その1

Posted by 優兎 on 23.2010 自治基本条例
 自治基本条例が「事実上の外国人参政権」であることを前のエントリーで書きましたが、外国人参政権以外にも、自治基本条例には多くの見過ごせない問題点があります。これから複数回に渡って、現職の議員(H22.12.23現在)が指摘する、この条例の本質的な問題点を見ていきたいと思います。

根本的な問題点:市議会議員の指摘 1 
 山口県防府(ほうふ)市では、平成22年4月にこの条例が施行されました。その制定過程に実際に携わった防府市会議員の伊藤央氏が、この条例の問題点を自身のブログで詳しく述べています。


動き出すチカラ ~防府市議会議員 伊藤央~

以下は、それぞれのページを要約したものです。

ほとんどの市民の合意を得ていない
・市の最高規範にもかかわらず、法的根拠のない少数の人々で決めてしまっており、市民を代表している者が作ったと言えるのか疑問である。
・議会での議論をする機会すら十分に与えられない。このような制定のやり方は、議会を軽視し、多くの市民をないがしろにするものである。
・市はできるだけ市の意向に反対する人が増えないように、不利な情報を隠ぺいして物事を進める傾向がある。
市民不在で作られようとしている自治基本条例より)

直接民主制の採用である
・市民は責任ある一票を投じるという方法で市政に参加している。それ以上のことをするよう条例で定めれば、直接民主制の採用になってしまう。それは、行政が自らの能力の低さを認め、さらに責任の一端を市民に押しつけようとすることである。
恐ろしい自治基本条例(2)より)

必要がないのになぜ作るのか
・条例の上位法である地方自治法で定めるべき事柄について、地方独自で定めようとしている。
・ある委員の「この条例を作らなければ困ることが何かあるのか」との質問に対する市の執行部からの答えは、「何もない」だった。
・つくる必要性がないのに急いで作ろうとしているのは、他の市よりも「遅れている」と見られないようにするためではないのか。
恐ろしい自治基本条例(3)より)

最高規範としての法的根拠がない
・自治基本条例には、「最高規範」として他の条例に整合性を求める法的根拠は全くない。
恐ろしい自治基本条例(4)より)

直接民主制の弊害:市民活動家に都合のいい条例
・市政に参画できる、すなわち市の政治を動かすことのできる「市民」の範囲が、市内に住んでいない者や、日本国籍を有しない者まで含まれており、あまりに広すぎる。
・「市民活動」という名目で政治活動を行う市民団体に対して、大きなアドバンテージを与えてしまう。(そのような余裕のない市民に対し不公平である。)
・「市民参画・協働」などの、響きが良く、しかも逆らいづらい言葉を盾にしているため、全国的に多くの保守系議員もこれに迎合してしまっている傾向がある。ましてや、一般の市民がこの条例の持つ危険性に気付くのは非常に困難である。
恐ろしい自治基本条例(5)より)

必要なのは直接民主制ではなく、議員の資質向上
・ごく限られたメンバーの意見を「市民の意見」として取り扱うことは、多様な意見やサイレントマジョリティの排除につながる。
・市民の知る権利が強調されすぎではないか。
・住民自治を確立するためには、直接民主制の強化ではなく、むしろ二元代表制の充実・強化を図ることこそ必要であり、そのためには議員の資質向上は必須である。
恐ろしい自治基本条例(7)より)

直接民主制の弊害:特定の政治思想を持った人々が作っている
・左派には、多様な意見よりも自分たちが理想とする理念を前面に出し、それを条例化・法制化して皆に守らせる傾向がある(いわゆる全体主義思想)。この自治基本条例にもその傾向が表れている。
・「政治上の主義」を表明はしていなくても、実質的に「政治上の主義」を有している市民活動団体がたくさんあり、この条例の目的は、「市民活動団体による自治体行政への直接介入」と、「市民活動団体への財政支援」だとの指摘もある。
・「市民参画・協働」などという美辞麗句を並べ、特定の思想を持った市民や団体を何の法的根拠もなく「市民代表」として扱い、合法的に市の政策形成過程に介入させる仕組みがこの自治基本条例であり、その根本には強い全体主義思想がある、ということを皆さんに理解していただきたい。
自治基本条例制定を推進するのは、左派勢力より)

9月議会最終日報告①・・・自治基本条例
このページでは、伊藤氏が議会で述べられた意見がまとめられています。氏の国や地方の政治のあり方を真剣に思う気持ちが伝わってくる内容なので、お時間のない方はこのページだけでもぜひお読みください。

地域を越えた協力が必要
 とかく外国人参政権との関連性が大きく取り上げられがちな自治基本条例ですが、このように日本の政治制度の根幹を揺るがしかねない根本的な問題を抱えています。にも拘らず一般市民の間では極めて認知度が低いというのが実情です。そのような現実を踏まえると、なるべくお互い声を掛け合って、自分たちの街でも制定の動きがないか、十分警戒していく必要があると思います。
 それと同時に、制定の計画があったり、すでに制定されていたりした場合には、私たち国民どうし住んでいる地域の枠を越えて協力して対処していくことも、また必要になってくるのではないかと思います。




応援のクリックをよろしくお願いします

「自治基本条例」が制定されようとしています!! 板橋区 和泉市 山陽小野田市

Posted by 優兎 on 23.2010 関東地方
下記の3地域周辺にお住まいの方にお知らせください

東京都板橋区 大阪府和泉市 山口県山陽小野田市 

 これらの3地域では、現在「自治基本条例」という条例案についての意見を募集しています(意見募集を自治体では「パブリックコメント」と呼んでいます)。
 この条例は、住民の政治参加を法制化したもので、自治体の最高規範とも呼ばれており、「地方分権に伴う地域住民の政治参加の必要性」というのが制定の主な理由です。
※意見の募集はすでに終了していますが、まだ議会での審議が残っています。
 (板橋区はまだ中途段階で、議会での審議までにはまだ時間があると思います。)
 また自治基本条例は、自治体の最高規範と呼ばれる大切な条例です。ぜひ最後までお読みください。



関連記事

裏口からの外国人参政権!? 自治基本条例の広がり

Posted by 優兎 on 23.2010 自治基本条例
「自治基本条例」って何?
 ここ数年の間に、「自治基本条例」や「まちづくり基本条例」などと呼ばれる条例制定の動きが、全国各地の市町村に広がっています。住民の政治参加を法制化したもので、「地方分権に伴う地域住民の政治参加の必要性」というのが主な理由ですが、ほとんどの場合、地域住民の関心が行き届かないところで制定が進んでいるようです。

 政治の専門家でもない一般市民からすれば、「お役所がそう言うんだから必要なんだろう。」と思い込みがちですが、実はこの条例、国民の間では反対意見も多い外国人参政権を、憲法や法律の裏付けはおろか、広く民意を問うことすらしないままに既成事実化してしまうものなのです。


関連記事
  

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。