Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【必見】 ピースボートの正体 初級編

Posted by 優兎 on 04.2011 東日本大震災
Tag :東日本大震災
過去のエントリーで、辻元清美氏が設立したピースボートという団体に手柄を持たせるため、集積場に支援物資を停滞させていたのではないかという話題を取り上げました。

支援物資の停滞はピースボートを現地の救世主に仕立てるための自作自演劇? http://bit.ly/fwNQJx

これはまだ噂の段階ですが、ピースボートが話題に上ったことに関連して、元警視庁通訳捜査官である坂東忠信氏が、ピースボートとはどういう団体なのかを解説しています。

「外国人犯罪の増加から分かること」さんより転載
http://amba.to/dQJzYS


---転載ここから---


ピースボートの正体。初級編

みなさん、こんにちは。

現在石巻を拠点に救援活動するピースボートですが、
http://bit.ly/dwc2SJ

菅さんのブログ(http://bit.ly/gkea5H)でも「非核特使」派遣で紹介されているこの団体は、当然政府から資金提供を受けてこういう活動をしているわけですね。

この内閣直属の民間偽善団体には、頭にきます。

この偽善団体を2度に分けてぶった斬りましょう。

一回目の今日は、初級編

ピースボートの創始者は、災害ボランティア担当の総理大臣補佐官である辻元清美氏。

阪神淡路大震災にも現地入りし、自衛隊を否定しながら、ソマリアでは海賊から海自にピースボートの航行を守ってもらった自称「国壊議員」として有名な左翼活動家。

これがただの左翼ではないんですよ。

昨年警視庁公安部から流出したというテロ対策情報を書籍にして発売した出版社「第三書館」(http://bit.ly/gKbVFo
の社長・北川明氏は、元日本赤軍構成員にして、辻元清美氏の内縁の夫。

こちらによると ↓
http://bit.ly/6lUH6l
辻元氏ご本人がこの第三書館の代表取締役だったそうです。

日本赤軍がやったことについては、これですが、どうか今一度ご覧ください。
 ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B5%A4%E8%BB%8D

この関係者が、内閣にいるのです。

それがピースボート創設者。
改めて考えると、末期的です、日本。

そして今回は自らの活躍を示すために、救援物資をせき止めてているとの話。
被災地の現況に関しては、くわしいブログがあります。
前半は真偽不明ながら、後半の物資集積所の様子をご覧ください。
http://bit.ly/emUAOG

日本を救うのは、団体名を誇示しての派手な活動ではなく、私心無き祈りと行動です。

まあ、こんなのは調べれば誰でもわかることですから、まだ序の口。
というわけで、次回は上級編。

これをぶった斬るには覚悟が必要なんですが、もう黙ってはいられません。
どうぞ次回をご期待ください。


---転載ここまで---


支援物資停滞の真偽はどうあれ、テロ団体関係者の身内を菅首相は日本の災害対策の要職に据えたということになります。


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ
この情報を広めたいと思われた方はクリックをお願いします


上級編がアップされたようです。皆さん是非チェックしてください。

ピースボートの正体 中級編 上級編/外国人犯罪の増加から分かること
 ↓
http://amba.to/dNiMob



関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。