Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日・韓図書協定」の舞台裏/中国大使館問題で活躍されている浜田和幸氏が、日韓図書協定に対する取り組みをブログに書いてくだいました

Posted by 優兎 on 20.2011 日韓図書協定・朝鮮王朝義軌

中国大使館への土地売却問題について売却阻止のために活躍されている浜田和幸議員ですが、「日韓図書協定」問題についても積極的に取り組んでいらっしゃいます。

浜田議員のブログより、宮内庁見学のレポートです。

「日・韓図書協定」の舞台裏 
http://amba.to/lJmz8Z


~~~~~~~~~~

今朝、国会審議の合間をぬって、宮内庁を訪ねた。


「朝鮮王朝儀軌」を見学するためである。


実は、現在、「日・韓図書協定」が審議中になっている。


発端は、昨年11月のこと。菅、仙石、前原トリオが日韓両国の友好関係を発展させる“特別の措置”として、「朝鮮半島に由来する附属書に掲げる図書」を韓国政府に引き渡すことを勝手に決めたらしい。


宮内庁が貴重な国有財産として管理、保全にあたってきた1205冊もの図書を今月末に李大統領が来日する際にプレゼントして手放すというから、当然のことながら、国会では賛否両論が巻き起こった。


韓国側が特に求めた「儀軌」は167冊。


しかし、菅政権は韓国との友好関係に配慮し、余分に1038冊もの書籍も引き渡すことにしたというから、驚くほかない。


その中には韓国から渡ってきたものに限らず、神田の古本屋街でわが国が購入し保存してきたものも含まれている。


いずれにせよ、わが国にとって重要な価値をもつ「朝鮮王朝儀軌」を、専門家や学識経験者の意見を一切聞くこともなく、極めて安易に引き渡しを決めてしまった菅政権。


もし、「文化交流の促進」というのであれば、韓国政府が保管するわが国由来の図書60万冊の中から、わが国の求めるものを引き渡してもらうのが筋ではないか。


フランスが韓国との間で合意したように、両国が所有する相手国由来の文化財を展示会等を通じて紹介するという方法もあるはず。


もっと知恵を出し合う必要があるのに。このところの菅政権の動きにはまったくそのような創意工夫のかけらもない。


おそらく、菅首相は「朝鮮王朝儀軌」など見たことがないに違いない。


一般には公開していないので、ここに、そのごく一部をご紹介させて頂きたい。


o0400031411238403400.jpg

o0400030811238403399.jpg

o0400031811238403401.jpg


これらの引き渡しに関する協定の是非は来週24日(火)の外交防衛委員会でも審議が予定されている。


いくつも問題点があるので、徹底的な議論が必要である。


そのための準備ではあったのだが、新たな発見をともなう有意義な宮内庁・書陵部訪問だった。


~~~~~~~~~~

こうやって実際の宮内庁の資料を紹介してくださるというのも、浜田議員ならではですね。

この「朝鮮王朝儀軌引渡し」については、浜田氏も、「いくつも問題点があるので、徹底的な議論が必要」と書かれています。

実は浜田氏は、これでもかなり「やわらかい」言葉を使われていて、実際の問題はかなり深いものです。その重要性から、当ブログの記事でも数回にわたりお伝えしてきました。

朗報!! 日韓図書協定:21日の首脳会談前の国会承認絶望的に!!
5月21日 朝鮮王朝儀軌引渡しまであと数日
儀軌引渡しの根底にあるのは竹島問題

たびたびお願いすることになって恐縮なのですが、参議院での審議が適切に行われるよう、各政党などに対する意見送付を呼び掛けています。この問題に関心をもたれた方はご協力いただけると幸いです。
 ↓
5月27日 「日韓図書協定」承認まであと数日 日本にとって著しく不利な条約が締結されようとしています (拡散と反対意見提出のお願い)

それから、中国大使館への港区土地売却問題も25日の契約期限まで残り少なくなってきました。署名を呼び掛けていますので、こちらもご協力よろしくお願いいたします。
 ↓
【緊急のお願い】 港区中国大使館問題 土地売却中止を求める署名にご協力ください(5/22必着;25日が契約締結期限)


人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

応援よろしくお願いします



関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。