Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピュータ監視法の次に来るのは「共謀罪」 米国“共謀罪”の冤罪被害者が鳴らす警鐘

Posted by 優兎 on 03.2011 コンピューター監視法
※コンピューター監視法、6/9ごろに参議院でも採決との情報あり。抗議と拡散よろしくお願いします。

当ブログで継続してお伝えしている「コンピューター監視法」について、山崎淑子の「生き抜く」ジャーナルより転載 http://bit.ly/kQXQtT

~~~~~~~~~~

【警鐘!】サイバー時代の治安維持法 ‐「PC監視法」成立目前

いわゆる「コンピュータ監視法案」を詳しく調べていくと、これが“共謀罪”とそっくりな悪法で、「国民のための法律」ではなく「権力側のための法律」であることが、よくわかります。

この採決を阻むために、米国“共謀罪”の冤罪被害者である私は、講演や公式サイトを通じて警鐘を鳴らしてきました。なぜなら、いったん本法案が可決成立してしまえば、次にまた、亡霊のように現れて日本国民を襲うのが「共謀罪」法案だからです。

この“共謀罪”とコンビでやってくる“サイバー時代の治安維持法=コンピュータ監視法”が来週、参議院を通過すれば(6月9日成立の可能性を指摘されている)、日本にも米国並みの「現代の治安維持法」が可決成立して、米国の愛国者法のように、市民の内心の自由を厳しく制限して冤罪被害者を多発させる→「冤罪乱発国家」へと変えてゆくことになるでしょう。

日本を、戦前のようなヒクテリックな治安国家へと変容させる絶大な裁量権を、警察・検察に持たせてしまうことになります。

過去に、院内集会や講演を通して危険性を指摘してきた弁護士さんが、山下幸夫氏*(1)です。

[*(1)参照:法と常識の狭間で考えよう コンピュータ監視法案が審議入りし成立の可能性が高まっている

http://bit.ly/m8AXcE ]

彼の解説を勉強すれば、この法律の危うさが現実味を帯びて、ブロガーやネット市民社会の人々を覚醒させるに違いありません。

山崎ジャーナルに掲載された(去る3月21日に開催された)、「911冤罪被災者、山崎サラ淑子のシンポジウム講演」*(2)をご視聴になれば、“共謀罪”がいかにして無罪の市民を冤罪被害者に仕立て上げるのか=米国司法の恐怖の実態に、日本人は驚愕し、日本全体が震撼することでしょう。

[*(2)参照:110321 「監視法」 講演 
動画を再生する音声を再生する http://enzai.9-11.jp/?p=830]

原発震災に揺れる日本でドサクサ紛れの上記2法案が可決成立すれば、日本は、愛国者法の成立した911事件以降の米国のように、治安・冤罪国家に変容します。

米国愛国者法は、911事件発生から1ヵ月半後の「挙国一致」「愛国心」高揚ムードの集団催眠状態のさなかの2001年10月26日、あっというまに米議会で採決→可決→スピード成立しました。

当時、ニューヨークに居住していた私は、マスコミに連日、「アメリカは負けない」「頑張れアメリカ!」「アメリカは甦る!」といったスローガン報道があふれていた愛国的空気を、肌身に感じて覚えています。

今、まさに日本版「愛国者法」成立が迫りくる日本もまた、原発震災ドタバタの渦中、「頑張れニッポン!」挙国一致ムードに、国民世論は高揚しています。

危ない、危ない… 大震災ショックに震撼する日本が、間違いなく米国化しつつあります。

日本よ、危険な“ショックドクトリン”の効果による集団催眠から、目覚めて現実を直視しましょう。

ネット市民とブログ報道者はクールな見識をもって、政局報道一色の報道に扇動されず、国家権力の監視を強めていきましょう。

「民主分裂?内閣不信任案の行方は….」 

ーこの報道合戦の裏で、同時進行的に進展している「秘めやかな“謀”」=「PC監視法」に要注意!

迫りくる日本版・愛国者法に、注意を払ってまいりましょう。

2011/06/02 8:39  【山崎淑子 記】


米国共謀罪 山崎淑子インタビュー http://bit.ly/lPMf6f
(No.8から始まります)



2010年8月10日フリージャーナリスト岩上安身氏が、米国の間違いによって投獄された山崎淑子さん(「サラ」は米国での通称)にインタビューを行っています。

○山崎淑子さんインタビュー(目次)
01 アメリカで働きはじめた経緯
02 9・11が起こる前のニューヨーク。かすかな疑心
03 散歩中の視界に、立ちのぼる黒煙。「第二の真珠湾だ!神風だ!テロだ!」
04 真珠湾という言葉から透けて見えた米国の思惑。崩壊しないはずのビルが!?
05 ラジオから消えてゆく『イマジン』
06 グランド・ゼロへ。地下からあがる炎
07 被災後の日々
08 真実を語ることの危険性。日本人からの警告
09 涙を浮かべる父親の姿を見て
10 違和感の連鎖。FBI・CIAによる家宅捜索
11 なだれ込んできた検察。共謀罪の恐ろしさ
12 殺処分された愛犬。血に染まってゆく畳
13 日米犯罪人引渡し条約
14 弁護士Aの偽証
15 米国に縛られた手足。司法取引詐欺
16 弁護をしないヤメ検弁護士。知的虐待
17 出獄した眼の前に立ちふさがる護送車
18 出獄への見えない力。囚人服のまま成田へ
19 生きる
20 いま伝えなければならないこと
21 日本の真実

~~~~~~~~~~

こちらに意見例と意見提出先があります。一歩間違えると言論統制にもつながりかねない法案なので、危険性を残したまま成立させないよう意見提出のご協力をお願いいたします。
 ↓
コンピューター監視法、衆議院を通過 舞台は参議院へ (抗議先と意見例あり)


応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。