Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12/24〆切】農林水産省が、「花粉(精子)ができなくなる雄性不稔性トウモロコシ」=モンサントの遺伝子組換え植物承認について意見募集をしています

Posted by 優兎 on 08.2011 意見募集一覧



  農林水産省で遺伝子組み換え植物に関する意見募集をしているとの情報が入りました。モンサントという企業の申請にかかわる、かなり重大な問題のようです。 

12/24〆切です。拡散と意見提出のご協力をお願いします。
モンサントの説明はここをクリック

~~~~~~~~~~


遺伝子組換えセイヨウナタネ及びトウモロコシの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/111125.html

作物名 新たに付与された形質 開発者による識別記号
(区別のための名称)
申請者
セイヨウナタネ
  • 除草剤グルホシネート耐性
  • 除草剤グリホサート耐性
  • 雄性不稔性
  • 稔性回復性
MS8×RF3×RT73 バイエルクロップサイエンス株式会社
トウモロコシ
  • 乾燥耐性
MON87460 日本モンサント株式会社
トウモロコシ
  • 除草剤グリホサート誘発性雄性不稔性
  • 除草剤グリホサート耐性
MON87427 日本モンサント株式会社

これらの遺伝子組換え農作物の第一種使用等に関する審査結果について、生物多様性影響に関して国民の皆様からご意見を募集します。

(1)期限

平成23年12月24日(土曜日)(郵便の場合は当日までに必着のこと)

(2)提出方法

インターネット  以下のアドレスより送信可能


http://bit.ly/vGrH4c


ファクシミリ

 03-3580-8592

郵便

〒100-8950 東京都 千代田区 霞が関1-2-1
農林水産省 消費・安全局 農産安全管理課 組換え体企画班 河野 宛て

(3)提出に当たっての留意事項

  • 提出の意見・情報は、日本語に限ります。また、個人は住所・氏名・性別・年令・職業を、法人は法人名・所在地を記載してください。なお、 提出いただいた個人情報については、お問い合わせの回答や確認のご連絡に利用しますが、個人や法人を特定できる情報を除き、公表する場合もありますのでご 了承願います。
  • 郵送の場合には、封筒表面に「遺伝子組換えセイヨウナタネ及びトウモロコシの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集」と朱書きいただきますよう、また、ファクシミリでお送りいただく場合は、表題を同じくしていただきますようお願いします。
  • なお、電話での意見・情報はお受けしませんのでご了承願います。また、いただいたご意見に対する個別の回答はいたしかねますので、その旨ご了承願います。
  • 意見・情報の募集は、環境省においても同時に実施されております。意見・情報は農林水産省又は環境省のいずれかに提出いただければ、両省において考慮されることとなりますので、同じ意見を両省に提出していただく必要はありません。


今後の対応

農林水産省及び環境省では、今後、ご提出いただいた意見・情報を考慮した上で、本件の承認を判断することとしております。

参考

(1)カルタヘナ法に基づく第一種使用規程が承認された遺伝子組換え農作物一覧(作物別、承認順)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_list/pdf/list02_20110902.pdf (PDF:67KB)

(2)学識経験者名簿
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_data/pdf/1meibo.pdf (PDF:138KB)

(3)遺伝子組換え農作物の使用等に関連する制度
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_data/pdf/other_institution.pdf (PDF:11KB)

 

お問い合わせ先

消費・安全局農産安全管理課
担当者:高島、河野
代表:03-3502-8111(内線4510)
ダイヤルイン:03-6744-2102
FAX:03-3580-8592


今回の意見募集は生物多様性野生動植物への影響)についてのもので、学識経験者は生物多様性への影響はないと言っています。しかし食品として使われるものである以上、当然人体への影響その他様々な観点から検討すべきであり、特にモンサントのような企業からの申請の承認は、政府も慎重に対応すべきだと思います。

意見の例
遺伝子組み換え植物は健康に悪影響を与える恐れがあるため栽培したり使用したりすることには反対です。実際、遺伝子操作されたアミノ酸が原因で死者や健康に異常をきたした者が多数出たことが報告されています。

また食用か否かにかかわらず、農家にとっても不利な点が多すぎます。種子は特許品であるため、たとえ収穫があっても新たに種子を買わなければならず農家を経済的に圧迫します。今現在そのような取り決めがなくても、企業はいつでも態度を変えることができます。また農薬に強い品種を使えば農薬に依存しがちになり、食品の安全性に問題が出ることはもちろん、土壌も汚染されていくため、日本の食品と農業に深刻なダメージを与えることになります。

特に今回承認申請しているモンサント社は、遺伝子組み換え植物と農薬や化学肥料をセットで売り込むことで発展途上国から搾取していることから国際的に非難を浴びている会社です。インドでは高額な種子や農薬などを使用したにもかかわらず収穫が少なかったため、千人以上の農民が自殺を図るという悲劇が起こりました。

さらにモンサント社は、ダイオキシンの発がん性に関する研究結果を改ざんして告発されたことがあり、また特許権を侵害したとして身に覚えのない農民などに対し次々と訴訟を起こし示談に持ち込むということまでしている企業です。

以上述べたように、遺伝子組み換え植物の栽培や食用に使用することは、遺伝子組み換え技術そのものとそれに伴う農薬の多量使用による健康被害の危険性、日本の農業への経営面と生産面両方への重大な悪影響、そして企業の信頼性の問題など、いかなる面からも不適切であり、認めることはできないと考えます。
以上

~~~~~~~~~~

モンサント社については次の資料をご覧ください。

遺伝子組み換え植物と農薬をセットで売り込み、または災害の支援として無償供与し、世界の貧困国をさらなる貧困に陥れ、農地を荒らし、癌や奇形などの健康被害を生じさせるモンサント社(http://www.monsanto.co.jp/)が、農水省に遺伝子組み換え作物の承認申請にやって来るという

ハイチを狙うカーギル、モンサントの策略
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1073.html

南米を襲う遺伝子組み換え大豆と枯れ葉剤
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201101060905584

遺伝子組換え作物で、飢餓が増えている http://bit.ly/mKZPtn

モンサント社の開発した強力な除草剤、ラウンドアップはこんなに危ない。
http://bit.ly/k3pg8b


youtube動画 http://bit.ly/mPholg
インドの綿花生産者自殺とモンサント
モンサントと農民自殺
「アグリビジネスの巨人"モンサント"の世界戦略」の紹介




モンサント社の恐怖の収穫 http://bit.ly/mjESqy




追記:
私が農水省に問い合わせたところ、「人体への影響の評価は厚生労働省でやる」という回答でした。
近いうちに厚労省でも意見募集をするかもしれないので気を付けていてください。

追記2:山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル! より転載
http://enzai.9-11.jp/?p=9502

雄性不稔F1の野菜や果物は、安全か?
(シャンデエルブ・田中秀樹さん)

http://ameblo.jp/toshi-shun/entry-10343491516.html

田中さんは、自身のホームページで、雄性不稔F1とはどういうもので、どんな問題点をはらんでいるのかを、とても判りやすく書いています。

――――――――――――――

最近の野菜の種には、“○○交配“や”一代交配“とよく書かれています。”交配“とは、人工的に異なる品種のかけ合わせをして、新しい品種をつくるということです。

英語(1st filial generation)を略して”F1”といいます。
F1が開発された当初の、従来型F1は、人間の手作業で交配されたものや、植物の自己不和合性という性質を利用して交配した安全なものでした。

今現在、私達が食べている野菜のほとんどが、雄性不稔F1というものです。

 
野菜の細胞の中に花粉(精子)ができなくなる原因を持つ、突然変異の個体を使って、効率よくF1を作る技術です。
しかし、こうして作られたF1作物にはこの性質が残っていて、野菜の細胞の中に花粉(精子)ができなくなる原因を持っています。
こういう作物をたくさん食べても大丈夫でしょうか?
私達の主食である米(イネ)も、雄性不稔F1に置き換えられようとしています。

雄性不稔F1が安全であるという検証はされていません。もちろん、危険であるという検証もされていません。いわば、私達は人体実験されているようなものです。

~~~~~ 転載ここまで ~~~~~



遺伝子組み換え作物の承認に反対の方はクリックをお願いします
 ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村へ



関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。