Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権侵害救済法制定の動き 3/江田五月法相は、人権侵害救済法案の中間とりまとめについて「立案にあたって大変重要な区切りになる」と評価し、プロジェクトチームに即した法案づくりをしていく意向を示した。

Posted by 優兎 on 10.2011 人権擁護法・人権侵害救済法

人権救済の民主党PT案を評価 法相
2011.6.10 産経 http://bit.ly/kbhVk2

 江田五月法相は10日午前の記者会見で、民主党のプロジェクトチーム(PT)が行った人権侵害救済機関設置法案の中間とりまとめについて「きっちり受け止めたい。穏当な方向だ。立案にあたって大変重要な区切りになる」と評価し、PTに即した法案づくりをしていく意向を示した。

 民主党のマニフェスト(政権公約)では人権救済機関を内閣府の外局に置くとしていたが、PTは「ときの首相官邸の意向に左右される」との意見があがり、法務省の外局にすることを提言した。


>「ときの首相官邸の意向に左右される」との意見があがり、法務省の外局にすることを提言した。

どうしたって恣意的な運用がなされる危険性の高い法案なので、もっと慎重に検討すべきだと思う。

マスコミが沈黙してしまっているため国民の間で知られないまま制定が加速しているのも大問題。

関連記事 
人権侵害救済法案の動き 2/民主PT、人権侵害救済機関設置法案を中間とりまとめ 自公に歩み寄り 秋の臨時国会に提出へ/ハードルを下げて早期成立させようという推進派の意図が感じられる
【重要】 「人権侵害救済法案」が国会に提出されようとしています (拡散と反対意見提出のお願い)

 ← クリックで拡大します
 


応援よろしくお願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。