Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党閣僚の献金疑惑を追及した西田昌司議員の事務所に抗議(脅迫?)が殺到しました。西田議員を守る記事を書いてもらうよう、週刊新潮に意見を送りませんか?

Posted by 優兎 on 11.2011 民主党の真実

3月の記事からになりますが、「水間条項」さんの拡散依頼を転載します。http://bit.ly/kZzCXU

~~~~~~~~~~

前原誠司外相の外国人からの献金を追及した、西田昌司参議院議員の事務所に「抗議」(脅迫?)が殺到しているようだ。西田議員も「私の家族、その周りで何かあったらすべて関係がある」と、語っている。

西田議員が、2008年、偽装人権擁護法案を、自民党部会で体を張って反対してくれた時も、推進派から恫喝されたことがあった。

その時、『週刊新潮』が特集記事で、その恫喝の深層を暴いたことで事なきを得たが、今回は一段と危険が迫っているようですので、インターネットユーザーの皆さんの総力で『週刊新潮』編集部に、「西田議員を守る記事」をお願いして戴ければ幸いです。

週刊新潮:
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
お問い合わせ:
shuukan@shinchosha.co.jp

意見の例 (コピペでも構いません)

件名 ペンの力で西田昌司議員とご家族を守ってください

今年3月前原誠司外相の外国人献金を、更に6月には菅総理の外国人献金とヤクザとのつながりを追及した、西田昌司参議院議員の事務所に「抗議(脅迫)」が殺到しています。
西田議員も「私の家族、その周りで何かあったらすべて関係がある」と、語っていました。

西田議員が、2008年偽装人権擁護法案を自民党部会で体を張って反対してくれた時も、推進派から恫喝されたことがありました。
その時、『週刊新潮』が特集記事で、その恫喝の深層を暴いたことで事なきを得ました。

今回は一段と危険が迫っているようですのでどうか 特集してください。

私は中川昭一さんは暗殺されたと思っています。
数少ない優秀な議員は国民が守らなければ。
週刊新潮だけが気概のあるジャーナリズムの良心だと聞きました。
どうかどうか早く記事を出して下さい。
ペンの力で西田昌司議員とご家族を守って下さい。
よろしくお願い致します。

東京都練馬区在住、会社員

~~~~~~~~~~
(意見例は「ひめのブログ」さんから転載しました)


2011.06.03 参議院予算委員会 西田昌司:西田議員が菅・蓮舫・野田各大臣の献金疑惑や、在日外国人から支援を受ける民主党の問題点を追及している動画。必見です。http://bit.ly/jFfEu3




「銀色の侍魂」さんで、国会中継の書き起こしをされています。
質疑応答のポイントが理解しやすいと思います。 http://bit.ly/jxINeP

関連記事など:
菅首相も野田財務相も違法献金
民主党の前原誠司が暴力団関係者と銀座で豪遊していたことが発覚
http://bit.ly/flaFRO
在日朝鮮人から献金を受け、札付きの「極左組織」から強力な支援を受け続ける前原誠司という「生粋の極左人」 http://bit.ly/l0KJFi

前原前外相、役職復帰へ…裁判官訴追委員長に 読売新聞 4月15日 
http://bit.ly/lEeFAi
民主党の支持団体 http://bit.ly/mgUghI

関連動画:
西田昌司「菅総理、猿芝居はやめよ!」


クリックしていただけると励みになります
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。