Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫正義社長、安全な韓国の原発を評価…「脱原発」は日本の話/日本の脱原発、実は韓国の原発推進を助長 日本にも核の脅威

Posted by 優兎 on 25.2011 原発問題
Tag :ソフトバンクの真実

ソフトバンクの孫社長が、日本のエネルギー産業に関わろうと精力的に動いています。

このソフトバンクが計画する自然エネルギー発電推進のために不可欠な「再生可能エネルギー特別措置法」が話題になっていますが、この法案を通してもらうために、なりふり構わず延命を図っている菅首相まで持ち上げなければいけないほどですから、孫氏にとっては日本のエネルギー分野はビジネスとしてとても魅力的なのでしょう。

菅氏はこの法案について、「自分の顔を見たくなければ、法案を通せ」などと脅迫まがいの発言をしていますが、曲がりなりにも国民から負託を受けた国会議員なのですから、辞任と法案成立を交換条件にするとは、あまりにも国民と国会を馬鹿にしています。


孫と菅のコンビが是が非でも通そうとしているこの法案は、自然エネルギー発電による電気を電力会社が買い取り、その費用を電気料金に上乗せする仕組み。
発電施設を持つ事業者は儲かる一方、一般消費者の負担は増すばかりです。

しかも電気料金が値上げされれば、日本経済の停滞にもつながります。
結局は、原発推進国である韓国から、かなりの電力を輸入せざるを得なくなる可能性も高まります。
あまり議論されていないかもしれませんが、皮肉にも「原発推進」につながってしまう恐れもあるのです。

このような多くの問題点をはらんだ法案、本来であればもっと時間をかけて議論をすべきで、菅氏の任期中にどうしても通すというのは拙速すぎます。

そもそも在日韓国人から違法献金をもらった罪で告発までされており、国会議員の資格すら疑わしい菅氏と癒着している孫社長に、本当に日本のエネルギー産業を任せてしまっていいものか大いに疑問です。


そのソフトバンクですが、自然エネルギー産業に参入できるよう、いつの間にか定款変更も進めていました。

~~~~~~~~~~
定款の一部変更に関するお知らせ | ソフトバンク株式会社
2011年5月27日 http://bit.ly/kmUe7d

当社は、本日開催の取締役会において、2011年6月24日開催予定の第31回定時株主総会に「定款一部変更の件」を付議することを決議しましたのでお知らせします。定款の変更内容などは下記のとおりです。

 
現行定款 変更案
(目的)
第2条 当会社は、次の事業を営む会社およびこれに相当する業務を行う外国会社の株式または持分を取得・所有することにより、当該会社の事業活動を支配・管理することを目的とする。
1.
~ (省略)
40.
     (新設)
(目的)
第2条 当会社は、次の事業を営む会社およびこれに相当する業務を行う外国会社の株式または持分を取得・所有することにより、当該会社の事業活動を支配・管理することを目的とする。
1.
~ (現行どおり)
40.
41. 自然エネルギー等による発電事業およびその管理・運営ならびに電気の供給、販売等に関する業務




孫氏にとっては、日本で脱原発が進めばこのエネルギー産業の需要が一気に高まり、大きなビジネスチャンスになることは間違いありません。


一方で、先日彼が韓国を訪問した際には、「韓国は地震がないから日本より安全」という理由で、脱原発を訴えることはありませんでした。

孫正義社長、安全な韓国の原発を評価…「脱原発」は日本の話
サーチナ 2011/06/21 http://bit.ly/l5OYaY

訪韓したソフトバンクの孫正義社長は20日、青瓦台(大統領府)を表敬訪問し、李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。孫社長は席上、「脱原発は日本の話。韓国は地震が多い日本とは明らかに異なる」とし、「安全に運営されている韓国の原発を高く評価している」と話した。複数の韓国メディアが報じた。

  孫社長はグローバルグリーン成長サミットに出席するため訪韓。大統領府によると、孫社長は「(韓国とは異なり)日本が地震地帯が多い太平洋沿岸に原発を立てたことは大きなミス。予想外の危険が発生した時はなすすべがない」と指摘したという。

  さらに、中国やインドのエネルギー需要が急増していることから、日本と韓国が再生可能エネルギー分野で協力し合えば大きな成果を得られると述べ、「韓国は太陽光分野でサムスンとLGが、風力がヒュンダイがあり、韓国の勢いがあれば世界最強になれる」との考えを示した。


孫氏は、日本の原発については「予想外の危険が発生した時はなすすべがない」と言っていますが、韓国の原発は予想外の危険にも耐えられるとでも思っているのでしょうか?
韓国は北朝鮮の攻撃も現実に受けていますし、その他の人災の可能性も孫氏は認識しているはずです。
(実際、「韓国も、冷却材の流出、火災等の頻繁な原発事故」という韓国の記事もありました⇒http://bit.ly/kwEkXU
もう一つ追加します⇒「韓国原発で相次ぐ事故、3年間で8件発生」 http://bit.ly/in3vjc

「日本と韓国が再生可能エネルギー分野で協力し合えば大きな成果を得られる」というのは、確かに韓国にとってはそうかもしれませんが、日本にとっては必ずしもそうとは言い切れません。

【注目動画】 スイーツ世界大会で他国の妨害を乗り越え日本チームが優勝!!/「日本だけには負けたくなかった」と韓国キャプテン http://bit.ly/kBJY4v
 ↑
この記事はエネルギーとは関係ありませんが、韓国がいかに日本を貶めようと考えているかがよく分かります。

韓国と日本の「仕事」に関する認識の違い http://bit.ly/kdJSaH
 ↑
こちらのファイルは、韓国と共同で事業をするリスクや、韓国で原発を推進するリスクを知るにはちょうどいいと思います


孫氏の日韓における原発対応の矛盾に関連して、「日本の脱原発が韓国にもたらすこれだけの利益」という文章を見つけたのでご紹介します。

~~~~~~~~~~

日本の脱原発が韓国にもたらすこれだけの利益

1 日本の原発メーカーが数十兆円の原発市場から撤退せざるを得なくなれば、
  競争力のない韓国メーカーが日本メーカーに代わって世界市場を占有できる。

2 国内原発メーカーの研究開発体制は大幅に整理縮小されることとなるため、
  リストラ、あるいは待遇や研究環境の低下した研究者、技術者を韓国メーカーが引き抜き、
  さらには、原発事業部門ごと日本メーカーから買い叩き、日本の技術をただ同然で入手できる。

3 日本の原子力による供給量電力を自然エネルギーで補うことは到底不可能であり、
  電力価格が高騰し供給が不安定になれば、日本の産業の競争力が低下
  日本の製品をぱくった上で日本を市場から蹴落とそうとする韓国にとっては非常に好都合である。

4 原発を廃止するドイツやイタリアは周囲の原発保有国から電力を輸入している。
  日本も韓国から電力を輸入することになれば、日本は毎年韓国に数千億円を支払い続けることになる。

  フランスやチェコはドイツ国境にずらりと原発を建設しており、そこからドイツへ電力を輸出している。
  韓国も対馬海峡沿いに原発を建設している。(北海道から本州へのように、間に海があっても送電は可能)
  事故が起こると、この地域にほとんど常に吹いている北西の風に乗って、放射性物質のほとんどは日本に飛散する。

5 日本が高速増殖炉や核燃料の再処理から撤退する一方、韓国の開発しようとしている核燃料サイクルが軌道に乗れば、
  韓国は核武装に関して日本よりもはるかに有利な立場に立つことが出来る。

~~~~~~~~~~

孫氏がここまで想定していたかはともかく、韓国では原発を維持・強化する一方で、日本だけが脱原発を進めることが韓国に非常に有利に働くであろうことは、孫氏ほどの人なら気付かないはずがありません。

日本で脱原発を進めることが悪いこととは思いませんが、なぜ孫氏は韓国にも脱原発を訴えなかったのでしょうか。


孫正義ソフトバンク会長 訪韓記者懇談会 http://bit.ly/iLNuYw
 ↑
これは孫氏が韓国で記者と交わしたやり取りで、李大統領との会談の記事よりも詳しく孫氏の考えを載せています。
韓国語からの機械翻訳ですが、分かりやすくまとめると、

孫氏は原発の危険性についてはこう述べています。

「世界中の大規模な原発事故の原因は、すべて人災だった。操作ミスというのは、どこにでも起こりうる。韓国には地震がないからといって安心はできない。」


立地条件にかかわらず伴う人災の危険性を訴えた孫氏、当然韓国にも原発縮小を呼び掛けるかと思いきや...

「私は韓国政府の政策を変更するよう求める立場にはない。原発については、韓国の人々が議論すべき。」

と、原発推進国である韓国に対して、その技術力を認め推進の方針を容認するかのような発言。

ところが...

「韓国の電力の65%をまかなう火力発電は間違いなくコストが増加し、二酸化炭素の問題も大きくなる。40、30%に減らすべき。」

と、結局は韓国のエネルギー政策について口をはさんでいるんです。


ソフトバンクの定款も変えることですし、孫氏はどうしても自然エネルギー開発を推進したいようですね。
しかし、原発を海外に輸出して儲けたい韓国に対して「脱原発」を持ち出しても相手にされなくなってしまう。
そこで、韓国では火力発電を削減するよう促したということのようです。

もし彼が、自身も指摘している地震のリスクにも匹敵する人災の危険性を解消しようとして脱原発を訴えているのであれば、韓国でも迷わず脱原発を促すべきでした。
ところが、「韓国の原発については発言する立場にない」と言葉を濁しておきながら、「火力は削減して自然エネルギーにすべき」と言ってのける。
典型的なダブルスタンダードですね。

このような人物に日本のエネルギー産業を任せたら、日本が食い物にされるだけでなく、日本の犠牲の上に韓国による原発の海外輸出を促進することにもなりかねません。
国民は1日も早く、孫氏の動向の危険性に気付く必要があります。

ソフトバンクはフジテレビの筆頭株主でもあり(※)、大手広告代理店の電通社長も韓国出身というのは有名な話。
確かに自然エネルギーの開発は重要ですが、無批判に孫氏を持ち上げようとするマスコミの表面的な報道に惑わされてはいけません。
※実際はもっと複雑だそうです。
オーバードライブ フジテレビの筆頭株主は韓国朝鮮企業


クリックしていただけると励みになります

人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。