Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【武力を使わない侵略 日本は最終段階?!】 スイス民間防衛に学ぶ、日本の現状と対策 「平和というのは何もしなくても自然にあるという世界観は変えないといけない」

Posted by 優兎 on 21.2011 自衛隊
Tag :拡散したい動画 気になるニュース
※ リンクを追加しました

[Pick up] スイス民間防衛に学ぶ~日本の現状と対策  
http://www.youtube.com/watch?v=eT1my43BGpU




スイス政府「民間防衛」に学ぶ 
http://nokan2000.nobody.jp/switz/

▼スイス政府 国民保護庁 著「民間防衛」(civil defense)

武力を使わないで他国を侵略する段階を説明しています。

マスコミは乗っ取りがほぼ完了しており機能していません。

クチコミでも身近な人に広めましょう。

日本は今、侵略されつつあります。平和ボケから目覚め、行動を起こしましょう!


第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」

第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」

第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」

第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」

第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」

最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」
 ↑
いまここ?!


民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる [新書] 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4562036672/vipimouto-22/ref=nosim/

評価の高いレビューより:

 これは、日本と同じように平和を希求する国として、永世中立を謳っているスイス政府が国民に対して配布している本です。ともに平和を求めるということでは同じ理想を目指しているんですが、日本と違って、スイスは非常にリアリスティックにその平和というものを考えて、どこにも与しないが自国を徹底的に守る兵力は持つべきだと考え強大な武力を背景に平和を守ろうとしています。このあたりは、諸国の良心に期待して、基本的には武力を頼みとしない、頼るべきものは国際世界であるとする日本とは、本当に全然方向が違う方法で平和を勝ち取ろうとしている国です。

 平和を守ると考える日本にとっては、世界のデフォルトは平和であるという世界観があり、平和を勝ち取ると考えるスイスにとっては、世界のデフォルトは弱肉強食だという世界観があるのでしょう。この感覚というか世界観の違いが両国の姿勢によく現れているのがこの本だと思います。

 著書の中で、スイス政府は平和を勝ち取るためには、一糸乱れぬ統制こそが大事であり他国に攻め入られない為のものであるとして、いざという時に国防がスムーズに出来るように全員が軍隊経験を持つべきだとするし、いざ守備をするためには家族の安全がなくては力が出せないだろうと考えシェルターの作成と維持を義務づけます。彼らにとっては、それもまた他国に国民を人質にされないための方策であり、平和への努力の一つです。

 それに引き換えると日本はどうでしょうか。諸外国の圧力や甘言、世論の雰囲気で諸外国に事実上押さえ込まれつつあります。また海外から不平等に扱われても自らの正当性を主張できない状態になっています。これはかな危険な状況です。しかし、それすら理解できていない人の方が圧倒的ではないでしょうか。勿論、今現在注目されている自給率の低さもこういうことの延長線上にあります。

 自分は軍国主義者でもなければ右翼的な考え方もありません。
 どちらかといえば、かなり平和主義者です。

 けれど、その平和を維持する為に、武器を携えることはともかくとして、平和を維持して自分や自分の家族そして子供達の世代の日本人が平和に暮らせるようにするためには、まず平和というのは何もしなくても自然にあるという世界観は変えないといけないし、日本もそろそろもっと真剣に今後の世界の中で平和を維持するためにどういうことをしていかないといけなかを考えるべきではないかなと思います。武器だけでなくても平和を守る為にできることはたくさんあるし、それを意識することがまず先決であると強くこの本を読むと思います。

~~~~~~~~~~

落ち着いて考えると、今の日本は最終段階=大量移民に差し掛かっているといっても過言ではない気がします。

ビザ要件緩和やマルチビザなど、中国人の入国・滞在要件緩和も急激に進んでいるし、入国管理のずさんさも指摘されています。

私も含め、いわゆる「平和ボケ」させられてきた日本人も多いかもしれませんが、高岡蒼輔さんが警鐘を鳴らしてくれた通り、いい加減目覚めなければいけない時に来ているのではないでしょうか。
フジテレビやNHKの腐敗ぶりからもそれははっきりしていると思います。

スイスは民間防衛を国策でやっているようですが、日本では文字通り民間でやらなければいけないのが現状です。

震災の対応でも伝えられている通り、自衛隊の皆さんは命がけで日本のために頑張ってくれていますが、武力を使った戦闘行為に至らずして国を乗っ取るのが今の戦争の特徴であることを考えると、一般の国民が亡国の危機に気がついて、人権侵害救済法や入国緩和政策といった危険な政策の阻止や、マスコミが伝えない重要な事実の拡散など、国防のために必要な事を草の根で実行していかなければいけないと思います。


■リンク(スイス政府「民間防衛」に学ぶより
反日活動から日本を守る
携帯版 反日活動から日本を守る「加治隆介の議」に学ぶ

国民が知らない反日の実態 とても情報量が多いです
韓国は“なぜ”反日か?
 写真やテレビ画像キャプチャも多く、かなり読み応えがあります
中国市場から撤退せよ
 韓国、北朝鮮が中国共産党を中心としていると書かれています
左翼がサヨクにさよく時
 日本の敵国工作員の行動等がわかりやすく書かれてます
プロパガンダ 下のほうにある「独裁者になる方法」が非常に興味深いです
外国人参政権に反対する会・公式サイト
 日本国民なら外国人参政権に反対するべきです
もう黙ってはいられない 2
 人権・差別という言葉を悪用した言論弾圧に反対します
FAR EAST-極東-
 2005年7月26日に発売される嫌韓流というマンガの作者のサイトです
日教組を観察する 日教組先生の実態について色々書いてあります


クリックしていただけると励みになります
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


姉妹ブログ「憂国の夜明け」 最近の記事:
これだけは知っておきたい 「マスコミが報道しない、民主党の真実」
【竹島 最新映像】 押し寄せる観光客と乱立する建物 「韓流にうつつを抜かしている場合だろうか」



関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。