Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンカー 青山繁晴 9月7日/野田内閣の正体や尖閣情勢について、青山さんの解説-このままでは「絶望内閣」

Posted by 優兎 on 09.2011 拡散したい動画
Tag :拡散したい動画 民主党


初めに掲載していた動画が消されたので、他の投稿者の動画をアップしました。

アンカー 青山繁晴 9月7日
http://www.youtube.com/watch?v=ZAJVN-81Ir8&feature=related#t=5m6s


http://www.youtube.com/watch?v=N6nioq2y-4k&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=vQGGcs4qPAA&feature=related


9 7

9 7 2

9 7 3

9 7 4

9 7 4

9 7 5

9 7 6
閣僚17人中10人が外国人参政権に積極的。
野田氏は反対派のはず、自分の信念を曲げたのか?

9 7 7
外国人参政権に積極的な公明党に対する媚

9 7 8
内閣総理大臣になる人が今までの信念を捨てて、新しい内閣を作るという、これ以上のモラル崩壊があるのか?

9 7 9
絶望の中の希望。
裏を返せば、民主党政権には頼れないということでもありますね...


以下は野田内閣に関連する新聞記事から

“問題あり”大臣、大丈夫? リベラル色濃く…
2011.9.3 産経 http://bit.ly/nll3jc

 ドジョウ宰相が率いる内閣が2日、発足した。死刑執行ゼロの異常事態が続く法務省にはリベラル派。消費者相にはマルチ商法との関係が批判を浴びた過去。パチンコ業界のアドバイザーの肩書を持つ議員は5人も入閣した。水の清濁にこだわらずに生息できるのがドジョウではあるが…。 

平岡法相…執行ゼロ続く死刑対応は?

 死刑執行ゼロが1年以上続く法務行政。法相には、民主党内でもリベラル派として知られる平岡秀夫氏が就任した。民主党政権発足後、約2年で執行された死刑囚は2人。死刑制度が法相個人の意思に左右される実態に批判の声もあり、新法相の対応が注目される。

 平岡氏は2日夜の記者会見で、死刑制度について「(法務省内の)勉強会の議論も踏まえて自分の考えを整理したい。大変厳しい刑で、慎重な態度で臨むのは当然のこと」と述べるにとどめた。

 平岡氏は「死刑廃止を推進する議員連盟」には所属していない。しかし、護憲派の中堅・若手グループ「リベラルの会」の中心メンバーとして活動するなど、周囲の見方は「死刑慎重派」で一致する。

 死刑をめぐっては、千葉景子氏が法相だった昨年7月に2人の刑を執行。その後、法相に就任した柳田稔、仙谷由人、江田五月の3氏は一度も執行しなかった。

 死刑囚は過去最多の120人に達しており、全国犯罪被害者の会(あすの会)顧問の岡村勲弁護士は「法律に従って行動できない人は法相になるべきではない」と指摘する。

 また、平岡氏は会見で取り調べの録音・録画(可視化)について「全過程、全事件が理想」と強調。一方で、法相就任にあたり、菅直人前首相から「私以上に市民政治家的なところがある。理想に走りすぎるな」などと“アドバイス”を受けたことも披露した。

山岡消費者担当相…過去にマルチ商法で疑惑

 国家公安委員長、拉致問題担当相とともに消費者相を兼務する山岡賢次氏。過去にマルチ商法(連鎖販売取引)関連業界との関係が取り沙汰されたことがある。折しも消費者庁は9月1日が発足から丸2年。担当大臣が猫の目のように変わり山岡氏は7代目。大臣交代には慣れているはずの庁内だが、新大臣の経歴には困惑も広がっている。

 山岡氏とマルチ商法関連業界をめぐっては、自民党が平成20年、山岡氏ら民主党議員5人の政治団体が15~20年に講演料などで計約4千万円を受け取ったことなどを明らかにしている。また、山岡氏は「流通ビジネス推進議員連盟」の会長も務めていた。

 2日深夜の会見では業界との関連に質問が相次いだ。山岡氏は「ネットワークビジネスはあくまでも合法で、ある程度見守ってきた」とした上で、「献金などはすべて政治資金規正法に基づききちんと行われている」と説明した。

 議連の会長も辞し、現在は関与していないことを強調。「違法な商法には厳しく対処しないといけない」と言葉を選びながら慎重に答えた。

 消費者庁幹部は、「マルチ商法に関心はあるのかもしれないが…」と言葉を濁し、7人目の大臣であることには「驚きはない」とあきらめ顔。また、経済ジャーナリストの荻原博子氏は「マルチ商法を推進してきた人に業界の監視ができるのか。消費者に身近で重要なポストがおろそかになっている」と指摘している。

中川文科相ら…パチンコ協会から入閣5人

 新内閣には、パチンコホール運営会社などでつくる社団法人「パチンコ・チェーンストア協会」(東京都)の政治分野アドバイザーを務める中川正春文部科学相ら民主議員5人が入閣した。

 同協会のホームページによると、政治分野アドバイザーで入閣したのは中川氏のほか、山岡賢次国家公安委員長▽鹿野道彦農林水産相▽前田武志国土交通相▽古川元久国家戦略担当相。

 中川氏、前田氏、古川氏は民主党の議員連盟「娯楽産業健全育成研究会」にも参加している。

 このうち中川氏は、若い母親が育児をせずにパチンコに夢中になっている問題について過去、自らのホームページで言及。「パチンコ屋に託児所を設けることこそが、少子化対策の突破口になる可能性があるのではないかと、真剣に考えている」とつづっている。

 同協会は「パチンコを大衆消費者の立場で合法化し、他産業と同等のビジネスとして社会的貢献を果たし、信用と地位の向上を果たす」ことなどを目的に平成14年に設立。政治分野アドバイザーには民主党39人、自民党10人、公明党3人、無所属2人の国会議員計54人が就任している。

 同協会によると、政治分野アドバイザーは無報酬で「パチンコ新法の成立や株式公開に向け、会の趣旨に賛同した方に参加していただいている」と説明。5人も入閣したことについては「有能な先生が多くてうれしい限りだが、口利きを期待するようなことはない」としている。

~~~~~~~~~~

野田首相への外国人からの献金は、やはりこういうところにつながってくるんですね。
野田氏は民団に対し選挙協力のお礼まで述べていたほど。

拉致問題の解決、被災地の復興は全く頭にない一方で、北朝鮮や韓国への支援につながるであろう高校無償化やパチンコ屋の保護などは熱心にやる内閣だということがよく分かりました。

尖閣諸島も中国の好きにさせるつもりのようです。
「絶望内閣」、まったくその通りだと思います。


「野田内閣の人事には絶望した」という方はクリックをお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


姉妹ブログ「憂国の夜明け」 最近の記事:
動画:人権侵害救済法 国難のドサクサに推進・監視社会の到来 大学教授と地方議員の講演ダイジェスト http://amba.to/qfxAkq



関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。