Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビデオ全面公開と早期解散総選挙を」 中国船長 不起訴処分確定

Posted by 優兎 on 21.2011 尖閣諸島
中国船長、不起訴処分確定

元保安官きょう起訴猶予 中国人船長も起訴猶予処分へ
尖閣衝突事件 MSN産経ニュース 2011.1.21
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110121/crm11012101310026-n1.htm

 今月13日、衝突事件を起こした中国人船長を不起訴にする方針が発表され、20日には不起訴処分確定の知らせが入ってきました。国民の間ではこれに反発して、船長の在宅起訴を求める声も上がっているようです。確かに一色元海上保安官が公開したビデオ映像を見る限り、多くの国民が船長は刑事罰を逃れられないと考えていると思います。


 その一方で、今までうやむやにされてきた尖閣ビデオの全面公開も問題となってきます。
 今までの非公開の主な理由が、「ビデオは裁判上の証拠であり、中国人船長の処遇が確定するまでは公開できない。」というものだったはず。今までの処分保留という中途半端な状態から不起訴へと処遇が確定すれば、もはや「裁判上の証拠」という言い訳は通用しなくなり、菅政権は不起訴決定後直ちにビデオを全面公開する義務を負うことになります。

尖閣ビデオの全面公開を要求する![桜H22/11/26]


 少し前の映像になりますが、ビデオ問題を風化させないためにも、あえてここで取り上げさせていただきました。

 この中で印象に残ったのが、「草莽崛起(そうもうくっき)」を合言葉に、草の根が義挙するしか、もはや日本を変える道はない。」という言葉です(4:20~)。そして、一色氏の勇気ある行動は、まさしく草の根による義挙であると言えます。

 動画にもあったように、マスコミは国民にとって本当に大切な事を伝えるとは限りません。これからもビデオ問題は過去のものとして闇に葬り去られることでしょう。
 私たち国民が、ビデオのもっとも本質的な部分の公開を実現するためには、もう一度一色氏の思いを汲み取って、草の根レベルでビデオの全面公開を求める声を広げていく必要があると思います。

 さらにビデオの全面公開は、不起訴不服申し立ての際の有力な証拠となることも間違いないと思われます。日本の安全を脅かす者をこのまま野放しにしないためにも、ビデオの全面公開を強く求めていきましょう。

 また私たちにとっては、衆議院の解散、総選挙も急務です。もし中国船長を不起訴にしてもなおビデオ公開という当然の義務を果たさないようであれば、民主党政権は解散総選挙をして、その判断に対する民意を問うのが筋ではないでしょうか。
 特に今年6月には、中国人が組織する団体が尖閣諸島に上陸するかもしれないという情報もあります(参考サイト)。現政権では不測の事態に対するしかるべき対応ができるとはとても思えません。ビデオ公開と同時に、早期解散総選挙を求める声も広めていきましょう。

           


ビデオ全面公開と早期解散総選挙を望む方はクリックをお願いします


関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。