Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人権救済法案、今国会で成立する可能性 地元議員に反対要請を

Posted by 優兎 on 02.2012 人権擁護法・人権侵害救済法


人気ブログランキングへ にほんブログ村へ



【動画】いよいよ今国会提出か!?人権救済法案の行方[桜H24/11/1]
http://youtu.be/srUbTx7MC8k


人権法案が今国会で成立する可能性が高まってきたとのことです。
日大の百地教授が、相当な危機感を持って訴えています。
野田内閣や法務省は今国会で成立させる気でいるので、抗議しても強行してくるでしょう。

ぜひ、地元選挙区の国会議員(特に民主党)へ、法案に反対するよう声を届けてください。
反対派の議員事務所も口をそろえて、「この方法が一番効果的な阻止方法だ」と言っています。

こちらで地元議員の連絡先を検索できます。
 ↓
政治家・政策データベース
http://db.kosonippon.org/index.php


意見例 (コピペ・編集自由)
件名 人権委員会設置法案に反対してくださるようお願い致します
本文
法務省が人権委員会設置法案の国会提出を計画しています。

人権委員会設置法案では、明確な理由がない限りは憲法違反とされている3条委員会を設置することになっています。
法務省はパリ原則を3条委員会設置の理由にしていますが、パリ原則は委員の身分保障もあるような独立性の高い機関の設置など求めておらず、法務省の説明はまったくの詭弁であり、国民を欺くものです。

また、人権侵害の定義を「司法手続きにおいても違法と評価される行為」としており、本来であれば慎重な裁判手続きの審理を通して厳密に判断されるべき違法性の評価を下す権限を、国会同意人事で決めた人権委員に任せるという、人権を守るという趣旨とは乖離した非常識極まりない定義付けをしています。

この法案の問題点に気付いた国民が猛反対する中、三条委員会の設置を強行に推進するやり方を見れば、この法案の本当の目的が国民の人権を守ろうとするものではないことは明らかです。
人権委員会設置法案が国会に出された場合には、反対していただけるよう宜しくお願い致します。


その他の意見例はこちらに載っています(「国会での成立反対」と書き換える必要があります)。
 ↓
【重要】自由な言論を抑圧する「人権委員会設置法案(人権侵害救済法案)」が、国会に提出されようとしています(意見例と意見先あり)
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-207.html


反対理由は簡潔で構わないので、国会議員に「自分の選挙区にも人権法案に反対している人が少しでもいるんだ」ということが分かってもらえれば大成功です。

皆さん、よろしくお願いします!!


人権法案に反対!という方はクリックをお願いします。
 ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村へ


前回のエントリーを読んで反対署名してくださった皆さん、ご協力ありがとうございました。
大変ですがもう少しがんばりましょう!!



関連記事
日大・百地章教授による解説「無駄で危険な人権救済法案」
動画と内容の紹介です
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-515.html




関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。