Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎県佐世保市 市民協働推進計画 意見募集! 2/22まで

Posted by 優兎 on 15.2011 九州地方
長崎県佐世保市周辺にお住まいの方にお知らせください

 長崎県佐世保市では、現在「市民協働推進計画」についての意見を募集しています。応募資格は市内在住、在勤などとなっているので、対象地域の方に伝わるよう情報の拡散をするとともに、この問題に関心のある方はぜひ援護の意見送付をお願い致します。
「国内の各市町村は、日本という国の一部として不可分であり、相互に深く影響し合っているため、対象地域外在住ですが利害関係者として意見します。」などの説明をすればよいと思います。

考え得る問題点について
※意見を考える際の参考にしてください。

計画案 http://bit.ly/h9HguN

1.「参画・協働」などの言葉を使って、実質的な直接民主制を取り入れてしまっていること。
 計画案p8で「まちづくり」というあいまいな言葉を使っていますが、これには政治参加も含まれると思われます。

2.政治に参加できる「市民」の範囲が、区域内に住所を有さない者や外国人まで含まれ、著しく広いこと。
 p8 市民の定義 佐世保市で活動していれば外国人、外国企業、外国人団体すべて「まちづくり」に参加できる市民とみなされます。

3.外国人や住民ではない者とも情報を共有することとなり、危機管理の面で極めて不適切。
 p12、17などで、「市民」と情報共有することが定められている。

4.必要性や効果だけが強調され、問題点やデメリットについて深く考える機会が与えられていないこと。

この計画の問題点は、「自治基本条例」と呼ばれる条例の問題点とも重なるので、こちらも参考にしてください。
自治基本条例と外国人参政権の関係
自治基本条例 現職議員の指摘 その1 防府市議 伊藤央氏


以上を踏まえた意見の例
※もし同じ意見を持っていれば意見内容が似通ったものになるのは当然のことなので、皆さん独自に編集して、オリジナルの意見を作ってください。一度完成品を作れば他の自治体にも(ある程度)応用できます。
 文例に関連する憲法・法律の条文は、こちらにまとめました。 
 市民協働推進計画につき意見を述べさせていただきます。
 
 まず、本計画案では「参画・協働」という言葉が多用されており、これは直接民主制を取り入れたものと思われます。
 しかし、日本の政治制度は間接民主制が原則であり、憲法上の直接民主制は特別法の住民投票など、例外的なものに限られます。また憲法には、自治体は法律を逸脱するような制度などの制定はできないことが定められていることから、自治体で直接民主制と見られる規定を独自に定めることは憲法違反となります。
 また実質的にも、政策の形成過程に参加できるゆとりのある市民と、そのようなゆとりのない市民との間に、政治参加の機会の不平等が生じることになります。市民の直接的な政治参加を定めた本計画案は違憲であり、また平等な政治参加という面でも不適切であることから、中止することが相当と考えます。

 仮に中止しないとしても、市民の定義では国籍について明記されておらず、市政に参加できる市民等に外国人を含むと解釈することもできます。このことは憲法の国民主権の原理に反することはもちろん、日本国民よりも外国人に有利になるよう市政がコントロールされる可能性も出てきます。
 そして、市内で活動していれば、国籍を問わず市外に住む者、市外の活動団体も市政に参加できる可能性もあり、本来の主権者である市の住民の権利侵害につながります。
 さらに市民は情報も共有できることになっていますが、域外住民や外国人に情報提供すれば、危機管理の面で極めて危険です。
 市政に参加できる者や情報を共有できる者は、日本国籍を持つ住民に限る旨明記すべきです。
 意見は以上です。
募集期間 平成23年1月24日(月)~2月22日(火)

送付先
*メール  kyodou@city.sasebo.lg.jp
*ファクス 0956-25-9675

応募資格 市内に在住・在勤・在学の方

応募方法 
ご意見を400字程度にまとめ、住所・氏名を記入のうえ、メール、郵送またはファクスにてお送りください。(様式自由)
(極端に長くない限り文字数は気にしなくていいと思います。)

公式HP http://bit.ly/f6G8GW

継続してお伝えください
 意見募集期間が過ぎてからも、機会を見て継続してお伝えください。
 「パブリックコメント」は、あくまで意見募集の一つの手段に過ぎず、それ以外の意見の提出は一切受け付けない、というものではありません。主な違いは、提出された意見とそれに対する回答が公式に発表されるかどうか、ぐらいではないかと思います(自治体や提出時期によって差があるかもしれません)。
 意見が出された時期よりは、その地域の市民(市外のパブコメ対象者を含む)の意見かどうかや人数の方が重視されると思います。期間が過ぎても機会があればその地域の人たちにお伝えください。

 お忙しい中恐縮ですが、ご協力よろしくお願い致します。

      人気ブログランキングへ
  ご協力ありがとうございます
関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。