Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアの玄関口としてふさわしい門? 山口県下関市、韓国風「釜山門」設置を発表 反対意見を!

Posted by 優兎 on 20.2011 多文化共生
Tag :気になるニュース 多文化共生
山口県下関市、韓国風「釜山門」設置を発表

グリーンモールに「釜山門」、下関市が8月整備
山口新聞 2011年2月1日(火)
http://bit.ly/gOqGZG

釜山門
下関市が整備する韓国風の楼門「釜山門」の完成予想図


>地元の要望を受けた市が約3千万円をかけて8月上旬に整備する。
 
 地元の人がやりたいと言っているのならいいような気もしますが、「地元の人」とはこの方たちです。
   ↓
グリーンモール(リトル・プサン) - 都市の景観
http://bit.ly/f4PzZS

朝鮮人街

グリーンモールは在日朝鮮・韓国人や日本に帰化した朝鮮系市民が経営する店舗が多いことで知られる。「韓国の民族衣裳・食材・雑貨・焼肉店など異国情緒あふれる店をはじめ、ホテル、遊技場、コンビニ、ブティック、喫茶店、食堂など200店あまりの商店が軒を連ねる」(しものせきナビ)。

道端には関釜フェリーでやってきたらしい韓国ナンバーの韓国車がさりげなく路上駐車し、異国情緒を楽しめる。表通りから裏へ入ると、ハングルを掲げた免税店などもある。横浜や神戸にある外国人街は観光地化が甚だしく、わざとらしすぎて鼻白む。ここは生活感があり、アメリカの都市部にある外国人街のようだ。

町並みも独特だ。中小ビルが隙間なく立ち並ぶ表通りは日本とは思えない。裏通りに所狭しと立ち並ぶ違法増築だらけの戦災復旧アパートは、「高さがあればまるで香港」(知人の弁)。市営長門町駐車場はそんな老朽アパートの地下にある。半ば朽ちた狭いスロープを下りて地下へ潜るのは、お化け屋敷に入るような楽しさがあった。


 帰化した人がいるにしてもほぼ外国人の要望と考えてよさそうです。そのために3千万円という多額の税金を使うのはいかがなものでしょうか。

>中尾友昭市長が31日の定例会見で発表。「アジアの玄関口としてふさわしい門にして観光振興の起爆剤にしたい。観光客だけでなく市民にも来てもらい、商店街の活性化にもつながれば」と期待を込めた。

 日本に観光旅行に来た外国人観光客が見たらどう思うでしょう。日本をよく知っている人は幻滅するでしょうし、日本を知らない人は勘違いするだけだと思います。この門が韓国で建てられるなら「玄関口」としてふさわしいと思ってくれて構いませんが、ここは日本です。


この計画に対して反対意見を送って欲しいとの読者からの投稿がありましたので、意見の例と送り先を掲載させていただきます。

 意見の例
 地元住民とはいえ主に外国人からの要望に対して3千万円もの税金を使うのは国民の利益を大きく損ないます。また日本に観光旅行に来た外国人観光客が見たら、日本をよく知っている人は幻滅し、日本を知らない人は勘違いするだけであり、日本らしさを楽しみにしてきた外国人観光客に対する裏切り行為です。
 日本国内でありながら玄関口として韓国風の門を建てるために多額の税金を使うことは日本国民に対する侮辱であり、国民に対し経済的損失はもちろん、精神的苦痛をも与えることになります。これほどまでに日本国民、及び観光客を愚弄するような計画は直ちに中止すべきです。

下関市 
市長へのeメール http://bit.ly/hQBP9e
企画課 083-231-1911
FAX 083-232-9569

山口県 知事への提言 http://bit.ly/aRjcL5

こちらにも協力を呼び掛けてみてください
自民党 http://bit.ly/6uEZqb

多くの意見が寄せられますよう、拡散と意見送付のご協力をよろしくお願い致します。

      人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。