Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散希望】 「自治基本条例」の防ぎ方

Posted by 優兎 on 14.2011 自治基本条例
Tag :危険な政策を阻止しよう 自治基本条例



今回は、my日本の日記で紹介されていた「自治基本条例」の防ぎ方という記事があったので転載させていただきます。具体的な対策を紹介されていますので、すでに制定されている地域の方も、これから予定されている地域の方も、こちらを参考になさってください。

~~~~~ 転載ここから ~~~~~


「自治基本条例」の防ぎ方


私が行い、「うちの市では制定させない」と市議に言って頂いた方法を公開します。
出来れば拡散願います。

これを全ての市町村でやればかなりの確率で防げると思います。

1.「自治基本条例はなぜ危険なのか」を下記からダウンロードし印刷する
自治基本条例はなぜ危険なのか⇒http://bit.ly/d6qstt
自治基本条例の推進団体と推進の目的⇒http://bit.ly/yZHFGz
いつ削除されるかわかりませんのでダウンロードはお早めに

2.下記動画をダウンロードして家庭用DVDプレイヤーで見られるように変換してDVDを作ります。
パソコンを持っていない人のためにTVで見られるようにしましょう。
※議員さんがパソコンを持っている場合は、メールでリンクを紹介するなどでも良いかと思います(特にDVDの作り方が分からない場合など)。


自治労が画策する「自治基本条例」の実態と危険性
http://youtu.be/fJ7kTLuvCek



地方を蝕む住民参加の罠
http://youtu.be/12YGlKsuM_s


動画15:00~21:25のポイント
1.平成7(1995)年 最高裁判決「傍論」の論理
 (1)自治体は地域に密着したことを、地域に密着した人が行う。
 (2)永住外国人は自治体と特段に緊密な関係を持っているので、参政権を与えてもよい。
2.傍論の間違い
 (1)自治体は国政にもある程度関与できる(地方自治法第99条 http://bit.ly/Ax4YXE)。
  ⇒傍論(1)は間違い
 (2)永住権を取って自治体に3カ月住めば投票権が与えられる。
  ⇒傍論(2)も間違い


地方議員が体験した、自治基本条例運用の恐るべき実態
http://youtu.be/s2ImI9WjGpA



3.上記をセットにして地元の市議に渡す
出来れば直接渡す、出来なければ全ての市議、市長に郵送する

私の場合は地元の地域選出の市議と連絡を取り、保守的な政治姿勢であることを確認した上で、会って話を聞いてもらいながらだんだん親しくなっていきました。

市議の「自分も市長も表に出していないけど自民党員だから民主の売国法案には反対」ということを言ってもらえたので安心して相談でき、話が早かったです。

今では後援会にも入り、後援会の集会に集まった人にもいろいろな資料を配り、「国政に目を向けてください」と啓蒙しております。

上記DVDと資料も大量に作成し、「同僚議員と市長に渡してください」と言って、市議会のなかで配布してもらえるようお願いしました。

以上が私の例です。

参考資料
1.民主党の支持団体 http://bit.ly/6JVJHD
2.2009-10年度 自治労 地域・自治体政策集 
http://bit.ly/dXNg4L
② 市民(住民)自治を中心に据えた「自治基本条例」を制定します。
⑦ 常設型の住民投票条例の制定を含め、重要な施策の決定に住民投票制度を導入し、投票権を20歳未満や外国籍市民(住民)にまで拡大します。
3.高崎市労組幹部が専従休職中 「外国人参政権」条例作り http://bit.ly/fFyog7

4.韓国民団の圧力により外国人住民投票権
その1 静岡・森町(04.8.15) http://bit.ly/fi3ZLg
その2 静岡・静岡市(05.3.30) http://bit.ly/hyY0iD
================================

さて、私の場合は頼りになりそうな市会議員がスグに見つかったので良かったのですが、そういった当てがないという人もいるかと思います。

そんなときは下記の方法で探してみてください。

1 市役所のwebサイトのなかにたいていどこの市町村でも市議会(町議会)のページがあります。

そこに各議員さんの名前と所属する会派が書かれているます。
市会議員レベルですと自民や民主とはっきり表に出していない場合が多いので、誰が保守かをこの会派で見当をつけます。

ちなみに自民党県連に電話しても、市会議員までは誰が自民党員かは把握していません。
複数の自民党県連に電話しましたが、県議会議員はわかるけど市会議員まではわからないという回答でした。

ですので、所属会派で推測します。

2 所属会派には左巻きのかたは堂々と、共産、社民、などと書かれていますので、わかりやすいです。速攻除外します。

あと○○市民ネットワークとかいう名称もほぼ間違いなく香ばしい団体ですので、連絡取っても無駄です。

もうひとつ、公明党も堂々と書いてあることが多いです。

3 この消去法をすると3~4つくらい民主系か自民系か見分けがつかない会派が残ると思います。
大きい市ではもっとかもしれません。

ここからは判断が難しいです。
まずは市議会の事務局に電話してどの会派が保守、自民系か聞いてみましょう。
(筆者注:民主党にも少数ですが保守派の方はいるみたいです。)

それでもわからなければ、市議会議長に電話して聞けばだいたいわかると思います。

また、市会議員ではまだあまりいないかもしれませんが、ホームページがあれば本人の考えを確認できるかもしれません。

4 そして出来るだけ自分の住んでいるところから近い議員にめぼしをつけアポを取ります。
アポを取るときはネットではないのできちんと住所や名前を名乗り、地元の有権者であることを伝えたうえで、政治姿勢を聞いてください。
自民、または自民でなくても保守であれば「では先生は外国人参政権はもちろん反対ですよね?」と聞いてみて反対であれば、自治住民基本条例を知っているかどうか確かめてください。
そして、会って相談に乗ってもらえるかお願いしてみましょう。

ダメであれば保守系会派で次に自宅から近い議員に連絡を取ります。これを続ければ一人くらい話を聞いてくれる議員さんがいると思います。

日本中でこれをやれば相当阻止できると思います。

市町村の議員さんは、危険性を知らずに自民系の方でも賛成してしまうことが多いようです。
自治基本条例の元凶ですから私達が議員さんや市長さんを啓蒙しなければいけません。

一緒にがんばりましょう。

上記の流れでもし分からないことや実践したがつまづいたという場合はメッセージ下さればわかる範囲でお答えします。

==============================

自治基本条例に反対する活動をしてくださる皆様にお願いです

さて、なぜこんなにもぐらたたきのように自治基本条例が出てくるのだと疑問に思いいろいろ調べたのですが、原因は自治労ではないかと。

私の支援する市議の後援会で館山市(私の地元)の職員と会ったときに
私の推論である

自治基本条例は自治労が画策している

各地方自治体にいる自治労色の強い職員が企画部などに
政策案として上げる

危険性をわからない田舎の市町村議員は「いっぺおー」的なのりで
保守議員まで賛成する

隣の市がやっているならと周辺市町村もやり始める

という流れを確認したのですが、ほぼそうだろうと言っていました。

館山市の職員への自治労の影響力はどうかと聞いたら、無いに等しいと言っていました。

みんな自治労に加入しているがそれは福利厚生が充実しているからで、自治労本部がやっているような政治活動をしている人は末端の自治体職員にはいないと思うとのことでした。

ですので、自治基本条例に反対表明するときは、パブリックコメントは反対のコメントをがんがん入れてもいいと思いますが、自治体職員に電話で抗議をしても何も変わりません。

多分なぜ文句を言われているのかわからないと思います。

市役所の末端職員が条例を可決するわけではありませんので、議員を動かす努力をお願いします。

自治体の企画部などの政策を考える部署に自治労職員が紛れ込んで工作している場合を除けば、【隣の市がやっているならと周辺市町村もやり始める】が多いようなのです。

ですから議員さんを啓蒙して議会をきっちり抑えていきましょう。

長文、最後まで読んでいただきありがとうございました。


~~~~~~ 転載ここまで ~~~~


国民の無関心の隙を突いて、あらゆる形で地方政治乗っ取りが進められていますが、私たちが関心を持ってできることからやっていけば、こういった動きを必ず食い止められると思います。

実際高崎市では、市民の声に後押しされた市議のみなさんが修正に尽力した結果、白紙撤回を勝ち取りました。

 高崎市「自治基本条例」に意見403件
 
http://bit.ly/elG5aU
 外国人参政権促す最高規範規定削除へ
 
http://bit.ly/dIKeqb
 外国人=市民とする条例案に市議らが反発
 
http://bit.ly/eXJySL
 高崎市の外国人市民条例案は白紙撤回へ
 
http://goo.gl/Y98DZ


関連記事:自治基本条例・住民投票条例などの問題点や対策について書いてあります
自治基本条例 意見の提出方法 http://bit.ly/ialt3m
「常設型住民投票条例」への効果的な電凸方法 http://bit.ly/dRbzoU


クリックしていただけると励みになります



関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。