Loading…

スポンサーサイト

Posted by 優兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県川越市 自治基本条例制定向け連続講座始まる

Posted by 優兎 on 22.2011 関東地方
Tag :自治基本条例(進行状況)
埼玉県川越市:自治基本条例制定向け連続講座始まる        
2010年11月22日 

小江戸新聞より転載 http://bit.ly/ikyIpg


市民や職員が自治基本条例学ぶ
 川越市は22日、「自治体の憲法」とも呼ばれる自治基本条例について学ぶ連続講座を初めて開催。午後6時から約2時間半にわたり元町の市役所で、市幹部や職員・一般市民らが真下英二・尚美学園大准教授の講義を聞きました。

全国約200の自治体で制定
 自治基本条例は自治体の在り方や指針、行政・議会・住民らの役割・権利・責務などを定めるもので、市民が行政と対等な関係・責任で自治に参加・協働する理念や仕組みなどを明文化。
 2001(平成13)年に北海道のニセコ町が制定したのをきっかけに全国で広がり、現在では200近い自治体で制定。県内でも志木市・鳩山町・富士見市・和光市・久喜市・草加市・秩父市・新座市・日高市などが既に制定しています。

「市長からの手紙」がきっかけ
 川越市が自治基本条例に目を向けたきっかけは、広報川越1230号(今年9月10日発行)に掲載の「市長からの手紙」。ここで川合善明市長は、2012(平成24年)度中の条例制定に向けて市民や議会に協力を求めました。

一般市民の参加は4分の1
 連続講座は全3回の開催される予定で、初回のこの日は市職員や幹部71人(男65人・女6人)、市議10人(男6人・女4人)、一般市民28人(男21人・女7人)の計109人(男92人・女17人)が自由参加で出席。市民の参加は全体の4分の1にとどまりました。
 講師を務めた真下准教授は政治学・地方自治が専門で、第三次川越市総合計画審議会の委員も務めました。

「つくるだけでは意味がない」
 真下准教授は自治基本条例制定の意義や必要性などについて、これまでに制定した自治体の例を挙げながら解説。
 重要なポイントとして、制定の目的・目標がはっきりしていなくてはならないこと、あらゆる市民が享受できるよう市民全体を巻き込んだ議論を尽くすべきであることなどを強調。
 「条例はつくっただけでは駄目。実際に利用されなければ意味がない」とし、「『他の自治体でやっているから川越市も』といった安易な動機でつくっても自己満足に終わり、実のあるものにはならない。本当に必要なのか、反対論を恐れずに議論を尽くしてつくることに意味がある」などと訴えました。

「先に制定ありきではないのか?」
 質疑応答では、参加した市民から「制定の是非を論じる前から、市は初めから制定ありきでスタートしているのではないか」の声も。
 これに対し、川合市長は「自治基本条例をつくりたいというのは私の意志で、市が政策として決めたものではない。『川越市はこういう自治体でありたい』という理念をぶち上げることに意味があり、言葉として明確に出すことによって自分自身や行政が、目標に向けて鼓舞される効果があると考えている」などと答えました。

 また、「『自治体の憲法』と言うが、議会制民主主義の下で制定された現在の条例との関係は?」「住民投票で制定を決めるのか?」「自治基本条例が活きる場面は?」などの質問には、真下准教授が「『自治体の憲法』というのは語弊もあるが、条例なので議会で議決するのが基本。政策提案などは含まれない。どういう場面で活きるかは、つくる過程で尽くした議論の中身によるものが大きいと思う」などと答えました。

 初回は若者の姿も見られましたが、条例制定の是非を含めいかに多くの市民を巻き込んだ議論が尽くされるかが課題で、成り行きが注目されます。


>市民が行政と対等な関係・責任で自治に参加・協働する理念や仕組みなどを明文化。

 議会制民主主義のもと、市民は選挙において一票を投じるという形で市政に参加し、責任を負っています。この原則を逸脱する形で自治体が理念や仕組みを定めることに重大な問題があることは、拙ブログでも再三指摘している通りです。

 「条例はつくるだけでは意味がない」といいますが、問題なのは条例の中身であって、悪い条例が市民の意に反して出来てしまった場合は、むしろ作っただけの方がましだと思います。

 こちらで講座の予定などが発表されると思いますので、実際どのような説明がなされるのか、関心のある方はチェックしてみてください。

川越市/自治基本条例連続講座
http://bit.ly/hDKYNL

 また、全国各地で同様の説明会や委員会の傍聴などが行われています。ご自分がお住まいの地域でも予定されていないか、こちらのサイトでご確認ください。

全国市町村 HP一覧 http://bit.ly/gH0qjT


      人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

ランキングに参加しています




クリックしていただけると励みになります

お知らせ

・只今コメントの受付を停止させていただいています。ご了承ください。
これまでコメントを通して情報提供や声援をお寄せくださった皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

青山繁晴氏が語る 意見提出の意義


韓国人が認めた自国の歴史

民主党を批判すると強制排除

22歳の大学生  憂国割腹自刃

~十三秒後のベイル・アウト~

中国による弾圧の苛酷さを焼身自殺で訴えるチベットの女性


消費増税論者の嘘を暴く
「税制・財政についての虚と実」


「独島」論を完全論破した動画

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

優兎

Author:優兎
「ひのもと」は、「日本」を雅語で読んだものです。 ~Wikipedia~
テレビが伝えない日本の現状や、私たちにできることなど、日本を守るために大切な情報を紹介していきます。

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。